バッファロー’66の作品情報・感想・評価

「バッファロー’66」に投稿された感想・評価

aaaaa

aaaaaの感想・評価

5.0
個人的にかなり思い入れはがあって、青春の一ページみたいな作品。
今は亡き渋谷パルコの、シネクイントで見ました。

1999年、丁度日本ではミニシアターブーム最後の残り香がした時代。
当時の若者達の間で猛烈に話題になった作品です。

ヴィンセント・ギャロの社会不適合者なのに、異様にオシャレなファッション!
そしてクリステーナ・リッチ...。当時本気で惚れてました。笑

映画自体は、ジョン・カサヴェテス的な味わいがありますね。 「チャイニーズブッキーを殺した男」を思い出しました。

「生きられない」という映画史上に残る名セリフも忘れられません。
冒頭おしっこをひたすら我慢するだけで、こんなにカッコイイ映画は無いです。

他にも突然歌い出すオヤジ(カサヴェテス映画の常連ベン・ギャザラ!)、ボウリング場でタップダンスをするクリステーナ・リッチ....。
もう名シーンだらけ!

本当に惜しむべきは、奇人ヴィンセント・ギャロがその後映画を、迷作「ブラウンバニー」しか製作しなかったことですかね。 もっとマシンガンを浴びる様に彼の作品を見たかった....!
ちなみに初めて買った映画のDVDは、この作品です。
火

火の感想・評価

3.5
童貞の恋愛
5分でココアは買えない
Yumarker

Yumarkerの感想・評価

4.0
ジャケットで判断してもとったから観た後こんなにホッコリする映画なんやあって思ってもた。ビリーのあの見た目で中身が子供みたいなとこも良かったし、誘拐から始まったけどレイラの気立ての良さと押しの強さもまた良かった。
「こっちを見るんじゃねぇ」は名言。説明不要の面白さ。
なんでクズ男ってモテるんだろうね……
弱虫なとこは良かったけども。

画面の真ん中から四角が出てきて回想シーンになるのおしゃれ。あとスーパーボウルクレイジー母さん好き。
意地っ張りなダメ男とそんなビリーに振り回されるレイラの物語。

地味だけど癖になる世界観。

終わってから改めてジャケ写にほっこり。
T

Tの感想・評価

4.0
いやいや、イモ引いてクリスティーナ・リッチんとこ行くんすか。一時好きだったわこの女優さん。
ななこ

ななこの感想・評価

4.5
映像の演出 ファッションが印象的
ビリーが履いてた赤いブーツが欲しくなった。
ボーリングのシーンが好き。
乱暴的であるが実にピュアな作品だと思った。
Yurihanna

Yurihannaの感想・評価

2.1
主人公私似てる!意味わからないはなしだった。
>|