バッファロー’66の作品情報・感想・評価

「バッファロー’66」に投稿された感想・評価

aaaaa

aaaaaの感想・評価

5.0
個人的にかなり思い入れはがあって、青春の一ページみたいな作品。
今は亡き渋谷パルコの、シネクイントで見ました。

1999年、丁度日本ではミニシアターブーム最後の残り香がした時代。
当時の若者達の間で猛烈に話題になった作品です。

ヴィンセント・ギャロの社会不適合者なのに、異様にオシャレなファッション!
そしてクリステーナ・リッチ...。当時本気で惚れてました。笑

映画自体は、ジョン・カサヴェテス的な味わいがありますね。 「チャイニーズブッキーを殺した男」を思い出しました。

「生きられない」という映画史上に残る名セリフも忘れられません。
冒頭おしっこをひたすら我慢するだけで、こんなにカッコイイ映画は無いです。

他にも突然歌い出すオヤジ(カサヴェテス映画の常連ベン・ギャザラ!)、ボウリング場でタップダンスをするクリステーナ・リッチ....。
もう名シーンだらけ!

本当に惜しむべきは、奇人ヴィンセント・ギャロがその後映画を、迷作「ブラウンバニー」しか製作しなかったことですかね。 もっとマシンガンを浴びる様に彼の作品を見たかった....!
ちなみに初めて買った映画のDVDは、この作品です。

このレビューはネタバレを含みます

ヴィンセント・ギャロが監督・脚本、音楽までも担当し、主演なんだから納得してしまった。

やはりネタバレには注意してほしい。
安易にこれは「ラブストーリー」だなんて教えてほしくない。
見栄っ張りなダメ男がたまたま出会った女性を脅迫することから始まり、こんな結末を迎えているからこそ救われてしまう。

最初から最後まで、映し出される世界観は独特で異様とも思えた。
筋書きに奇抜さがあるわけではないけど、音楽やカメラワークは記憶媒体に根強く残るであろう。
張り詰め切羽詰まったギャロも、クリスティーナ・リッチの色んな角度から溢れ出す魅力も、ひとつ残らず愛らしい。
Ryo

Ryoの感想・評価

5.0
ギャロがダメすぎるけどかっこいい。
クリスティーナリッチがグラマラスでかわいい。音楽や絵づくりにセンスを感じます。
つらい過去とは心の中でけりをつけて、未来のために生きろ、ってことなんですね
ikeda

ikedaの感想・評価

3.0
ウェンズデー、、成長したな ムチムチ感
katsumi

katsumiの感想・評価

3.4
鑑賞記録
44315

44315の感想・評価

3.3
笑うくらい面白くないけど、映像だけちょっとlit
なんで評価高いんだ?
natsumi

natsumiの感想・評価

4.5
優しい、よかった
まり

まりの感想・評価

3.0
公開時、おしゃれ雑誌に載ったりしてたけど、違うね。大人になれないボンクラをお洒落風に撮ってみただけでしょ(笑)

でも、クリスティーナ リッチのお陰もあり、良い感じになったのかな。
>|