バッファロー’66の作品情報・感想・評価

「バッファロー’66」に投稿された感想・評価

aaaaa

aaaaaの感想・評価

5.0
個人的にかなり思い入れはがあって、青春の一ページみたいな作品。
今は亡き渋谷パルコの、シネクイントで見ました。

1999年、丁度日本ではミニシアターブーム最後の残り香がした時代。
当時の若者達の間で猛烈に話題になった作品です。

ヴィンセント・ギャロの社会不適合者なのに、異様にオシャレなファッション!
そしてクリステーナ・リッチ...。当時本気で惚れてました。笑

映画自体は、ジョン・カサヴェテス的な味わいがありますね。 「チャイニーズブッキーを殺した男」を思い出しました。

「生きられない」という映画史上に残る名セリフも忘れられません。
冒頭おしっこをひたすら我慢するだけで、こんなにカッコイイ映画は無いです。

他にも突然歌い出すオヤジ(カサヴェテス映画の常連ベン・ギャザラ!)、ボウリング場でタップダンスをするクリステーナ・リッチ....。
もう名シーンだらけ!

本当に惜しむべきは、奇人ヴィンセント・ギャロがその後映画を、迷作「ブラウンバニー」しか製作しなかったことですかね。 もっとマシンガンを浴びる様に彼の作品を見たかった....!
ちなみに初めて買った映画のDVDは、この作品です。
キュートな映画。
ジーナ

ジーナの感想・評価

4.5
出所したばかりの独身男が、家族にいもしない嫁を連れて行くと嘘を吐き、
たまたま出会った金髪のぽっちゃり美女を半ば強引に連れて行くストーリー。

この男、根は凄くいい奴だし、寂しがり屋だし、愛に飢えている。
少々気性は荒いけど几帳面で、家族思いな一面もあり、将来に対して悲観的だ。
憎めないキャラなので、徐々にヒロインが抱く気持ちが凄く分かる。
これはヒロインの視点で観た方が非常に楽しめる映画だと思う。

その家族とのすれ違いだったり、ヒロインと距離が縮まっていく様子など、それぞれの人物の愛の行方が気になってしゃうがない傑作。
えび

えびの感想・評価

4.3
以前観てとても良かった記憶があるのでまた改めて観ようと思う
レイラが可愛い
Ryo

Ryoの感想・評価

3.8
出来損ないのラブストーリー、にしては妙に身体に残る映画。冒頭の尿意を我慢している描写、食事のカット、雰囲気ものとして見過ごせない作品。何人かの友人に観せたら絶賛と嫌悪と綺麗に二つに分かれて面白かった。
レイラが可愛くてしょうがないから観れる。
後半にかけてビリーへの嫌悪感が薄れていく。
数あるベッドシーンの中でも、最も多幸感溢れるベッドシーンだと思います。変にイヤらしくもないし。
>|