バッファロー’66の作品情報・感想・評価

「バッファロー’66」に投稿された感想・評価

Yuya

Yuyaの感想・評価

5.0
生涯最高の映画のひとつ
ギャロのダメ男っぷりに切なさ溢れ
ヴィンセント・ギャロが自ら監督・主演し、私小説文学の主人公のようなナルシスティックさを全快に開き直ってみせた堂々たる一作となっている。
いつかダメなボクを受け入れてくれる天使が降りて来てくれるのを待っているんだと、そんなこれでもかってくらい女々しい願望を描き、「これが俺だ!」と猛々しく宣言して見せたヴィンセント・ギャロは男のなかの男だ!
こんなふうに、言うことをあれもこれも聞いてくれて、自分の弱い部分をぜんぶ許してくれて、傷ついた場所があれば癒してくれて、口に出さないくたって何でも理解してくれる女なんて、現実にはいないもんな。
劣等感を隠そうとするあまり他人に攻撃的になったり、後ろ暗さを誤魔化すために強がってしまって、本当に誰かに頼りたい時ほど平気なふりをしてしまう主人公の姿に強く共感できる。
自尊心が人一倍強くて、他人から心配されたり同情されたりするのを反射的に突っぱねるんだけど、心は報われるのを望んでいる甘ったれで面倒くさい人間にとって、人生の一本になり得る作品だ。
るな子

るな子の感想・評価

3.5
主人公に人間臭さを感じた作品です。その選択は正しい、と大きく頷きながら最後まで見届けました。
主人公が本来送るはずだった未来の映像がとても誇張されていて面白かったです。
mie

mieの感想・評価

3.6
記録
パロ

パロの感想・評価

3.2
ボウリング場のタップダンスのシーンが好き
nanami

nanamiの感想・評価

3.5
最後のシーンいいな〜
ホットチョコレートとハートのクッキー。
恋人に渡す用に他の人にも買ってあげちゃう。
良い映画
ビリー、好きだ
I can’t live. とレイラのタップダンスのシーンが好きだった

ホットココアとハート型のクッキー
naf

nafの感想・評価

3.8
犯罪指向の主人公と、全体に漂うなんとも言えない気だるさから、まさか最後ハッピーエンドになるとは思わなかった・・・。
ダメ人間のうえに童貞というどうしようもない男ビリー。脅迫と誘拐そのものの状況で出会ったのに、いつの間にかビリーに惚れてしまうあの女もどうかと思うんだが。ビリーの実家で、両親と4人のシーンが、ほとんど会話しないビリー、フットボール狂の母親、なぜか歌を聞かせる父親、わけわからん作り話する女・・と全員頭おかしくて笑える。
最後、殺した後に両親がしょーもない墓参りしてる姿を想像して、そのくだらなさのおかげでやめる気になれたのか。まあ何にしても後味の良い話でよかった。あの女とのホントの結婚を両親に報告できることになるといいね。
kaho

kahoの感想・評価

3.8
ビリーが話盛るこじらせたインキャみたいな感じで可愛かった笑
レイラ可愛い…やっぱりちょっとムチっとしたほうがエロいのかも…
ラストシーンほっこりしたわぁ🍪
>|