Ryoko

裏切りの陰謀のRyokoのレビュー・感想・評価

裏切りの陰謀(2011年製作の映画)
3.9
原題は”moby dick”。「白鯨」という意味らしい。 海深くに潜水する巨大で恐ろしい存在。。
「政府の上にある政府」の存在とその陰謀を暴こうと戦う記者たちのお話。陰謀系のお話はやはり面白いです。
国の方向性を決定づけるような事件が頻発。裏で操るのは何者なのか?冒頭の橋爆破事件から驚かされ、機密を追う記者たちも命を狙われハラハラさせられます。映画中盤で主要人物があっけなく殺されてしまうという予想外の展開もさすが。
ここ最近見た韓国映画には、寝食を忘れて職務を全うするとか正義を貫くとか、そういった類の職業人が出てきてないような気がするので少し新鮮さも感じました。
ただ、説明が少なく唐突に話が展開していくところもあるので、集中して見ていないと置いていかれそうになります。また、ラストの主人公の行動も「なんで?」とちょっと消化不良。敵役たちの露出をもっとおさえたらよりリアリティが出たような気もします。ファンジョンミンの正義感あふれる新聞記者役は見事にはまっていました。