千年女優の作品情報・感想・評価

「千年女優」に投稿された感想・評価

と〜〜〜っても好きだ!
女優として生きた一人の女性の一生を、華やかに綴った美しい映画。これぞアニメーション!これぞ今敏!ここまで女性に真摯に向き合い、浮き彫りにする監督の手腕には衝撃と敬意を評します。最後の台詞は賛否両論でここが評価の別れ目かと思いますが、私は共感できる気持ち良いラストでした。
同じ女性で頑張ってる方に是非一度見て頂きたいです。
ロタティオン...(:_;)
とろん

とろんの感想・評価

4.0
面白かった。女優時代の半生の回想のように描いているけど、これは何回生まれ変わっても鍵のひとを追いかけてしまう輪廻転生の話なんだな…演じた役柄の数だけ人生を生きているようにも、恋と呪いによって何度も生まれ変わっているかのようにも見える。千代子はもう自分が何回生まれ変わっても鍵の人に会うことができないのを解っているし、顔も名前もおぼろげで渡された鍵も何の鍵か解らないにも関わらず、それでもどんどん好きになっていってしまう。すごいけど怖い。それでも少しうらやましくもあるのは、どの人生を生きているときも必ず千代子を助けに来てくれる立花さんの存在があるからかもしれない。千代子は実存した女優の誰かをモデルにしているのかなと思っていたけど、どうやら原節子のようだった。『パプリカ』のときにも感じたけれど、エンディングの平沢進の音楽がめっちゃ良かった。
眠り猫

眠り猫の感想・評価

3.8
山ちゃんのイケボ!
話の展開がとても好き。社長と部下ののキャラ好きだわ。あの人を追いかける千代子が美しいなと思った。感動した。
鹿丸

鹿丸の感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

今敏監督っぽく現実と虚構のぐるぐる感。

山寺宏一の声がかっこよかった。
あの声で雰囲気で十四日目の月が一番好きとか一番大切なものを開ける鍵とか言われたら惚れる。

キャラに泣かれるところっといくちょろいマンだから「あんなに好きだったのに、もう顔も思い出せない。」にぐっときた。

最後のセリフは言葉通り受け取ったからドキッとした。これからKON'S TONEを読む。

感じたままを言うなら、キャッチコピーのその愛は狂気にも似ている、がぴったり。

最後に、
ダンダンダンが頭から離れない!
すごく綺麗
だったなあ
>|