千年女優の作品情報・感想・評価・動画配信

「千年女優」に投稿された感想・評価

面白かった。細かいところに色んな意味が込められてて奥が深い
煙草

煙草の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

想いの人を生涯を通して追いかけた女優の話

現実のドキュメンタリーや部屋でのインタビューとフィクションである映画の場面(しかも複数!)が上手い具合に混ざり合っていて不思議な世界観だった!テンポも良い
アニメだからこそこの世界観をここまで綺麗に表せたのだと思う

私は観ている間、ずっと好きな人を追いかけ続ける彼女に魅力を感じていたのだが、最後のセリフでその答えがわかったような気がした

平沢進氏の音楽もいい味出してますよ!👍
集中して観たら結構面白かった
とにかく映像演出の力に魅了された。話はわりとシンプルだけど、畳み掛けるように千代子の出演映画の場面に切り替わっていくから、どこまでが現実でどこからが虚構なのか非常に曖昧で夢の世界のような気持ちになる。とくに千代子が駆け抜けていくシーンで次々と場面が切り替わるところは圧倒的!ここまでいくと愛ではなく狂気。最後の台詞も個人的にはすごく納得。すべての行動がその一言に帰結するのなら、彼女はまさに女優だと思った。書いていて気づいたけど、千代子という名前はこの演出にかけてたんだなー。
タイチ

タイチの感想・評価

3.7
日本の映画史を鮮やかに表してる
まえだ

まえだの感想・評価

3.3
今敏って全部夢うつつだなぁ
がく

がくの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

何という今敏ワールド・・・

現実と虚構が入りまじ合う展開、スパわらしすぎるカット割とシーンのつなぎ、さすが今敏といった作品でした。

何といってもラスト・・・
天国への旅立ちの表現の仕方が素晴らしすぎる・・・物語の趣旨を崩すことなく、途中までしか撮影しなかった最後の映画と繋げる客本なんてもう取り肌が立ちました。

そしてやっぱり、初恋とはこういうもの。
「好きな人をずっと追ってる自分が好きなのだ」というラストのセリフ。。
これはみんな経験したことあるんじゃないでしょうか。自分のものにならなかったからこそ、いつまでも好きだということ。そう思っている自分に酔っているということ・・・
わかるなぁ。とてもわかる・・・

さらに、今敏を語る上で外せない平沢進氏もやっぱり素晴らしかったです!
この映画は、ある女優の一生を作品を介して共に懐古していくというもの。
駆け抜けるような世界観に引き込まれる前に注目していただきたいのは、女優・藤原千代子の表情である。自らの人生を振り返るにあたり、若かりし頃の自分を思い出している彼女の表情はさながら少女のような無邪気さを持っている。
>|