Luciandead

最後の酋長のLuciandeadのレビュー・感想・評価

最後の酋長(1953年製作の映画)
-
西部劇かと思ったらモンド映画だった。ジャングルを川下りしていく途中、野生動物の生態観察の映像を半ば強引に挟む本作と『人喰族』の突然にRed River Valleyを歌い始める場面の混じり合う事の無いであろうふたつの点が(私のなかで)線となった。マカロニウエスタンと言い嘗てのイタリア映画界はやる事が極端。