gaaaa

セイジ 陸の魚のgaaaaのレビュー・感想・評価

セイジ 陸の魚(2011年製作の映画)
2.8
伊勢谷さん監督作品。
正直、filmarks始めて一番レビュー書くのが難しい映画。

何を伝えたいのか。生きるとは何か、何を支えとして生きていくか、何が幸せで何が不幸か。
すべて疑問形であって、結論はわからない。見終わった直後は何とも言えないポカーンとした気持ち。

ラストの展開は勿論驚いたけれど、それよりも何か引っかかるものがあるのは何故。このモヤモヤ感。

西島さんは無言の役がとにかく合う。森山未來さんの演技は大好きで、今作品も期待して見たけど、やはり良いね!あの表情は天下一品。爽やかさとは違う、男が惚れるイケメンがここにあり!笑

この映画に出てくるバー?カフェ?的な所が、別世界みたいで身近に感じられなかったのがそもそもの原因なのか。自分との共通点がなさ過ぎて、考えを膨らます事が難しい。万人受けとは言い難いのかな。それとも、まだまだ自分がガキなだけかな?笑

まぁ、とにかく今確実に言えることとして、自分がここにいるのは、紛れもなく自分がそうしてきたからであって、誰かがレールを敷いてくれたからではないと思ってる。でも、やっぱり一人で生きていくことは難しくて、支えてくれたり、影響を与えてくれた人たちは存在するわけで、そういう人たちへの感謝を忘れずに生活していきたい。

よし、無理矢理まとまった?笑