TAKU

八仙飯店之人肉饅頭のTAKUのレビュー・感想・評価

八仙飯店之人肉饅頭(1993年製作の映画)
5.0
80年代にマカオで起きた猟奇大量殺人事件をベースにした実録犯罪映画。

『タクシーハンター』と本作を立て続けに観ると、俳優って凄いなぁと思う。『タクシーハンター』であれだけ優しい復讐鬼を演じていたアンソニー・ウォンが、こっちでは究極の鬼畜男を演じているからだ。しかも、二つの作品が製作されたのがほぼ同時期というんだから尚更。

残虐なシーンには免疫はあったが、幼い子供が惨殺される場面はホント醜悪。また、死体の解体から饅頭作りまでのプロセスは丁寧に描かれていて、キツかった。特に、ミンチになった肉が複数ある小さい穴からにゅーっと出るカット。イヤだなぁ~。警察のコミカルな描写も不謹慎すぎて気持ち悪い。だが、怖さや気持ち悪さが過剰だからか、痛快なブラックコメディみたいになっていて面白く観れてしまうから不思議。

ドラマ部分が緩いコメディタッチで、残虐描写になると急に力が入るバランスが、「嗚呼~昔の香港映画は良いなぁ」と懐かしい気持ちになる。

やっぱ、映画はお偉いこと言ってるより、公序良俗に反してた方がよっぽど面白い。俗悪万歳!、人肉万歳!、そしてアンソニー・ウォン万歳!。