チャーリーとチョコレート工場の作品情報・感想・評価

チャーリーとチョコレート工場2005年製作の映画)

CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY

製作国:

上映時間:115分

3.5

「チャーリーとチョコレート工場」に投稿された感想・評価

Ridenori

Ridenoriの感想・評価

3.3
これ観てしばらく、wonkaのチョコにハマってました。
モエ

モエの感想・評価

4.5
超面白かった
ママン

ママンの感想・評価

3.0
記録:

これは映画館でも鑑賞したやーつ。
当時の彼氏と観に行った思い出😅

カラフルでワンダーランドで面白かったけど、虫のスープは食べたくない🙅‍♀️❌
ゆめな

ゆめなの感想・評価

3.5
ゆめがつまってる
みち

みちの感想・評価

-
ザ!ティムバートンという感じ!好きです
幼い頃から何度も見てるけど、
やっぱり子どもの頃に見た時と、
今は味方が全然違う。

幼い頃は、この作品が怖かった。
謎に満ちたあの工場に招待される事から、
ウィリーウォンカの顔、ふとした表情、
脱落して行った子供たちは、
どこに連れていかれたの??
なんで?この小人たち(ウンパルンパ)なに、
なんで小人なの?
なんで全員同じ顔なの?
どうして、こんな人数いるの?
どうやって小人を作ったの?
怖い怖い怖い怖い、
ガラスのエスカレーターさえも
怖いと思っていた。

怖いと、なんで?という
本当に子どもらしい感想だった。

年を重ねると、ウィリーウォンカの闇も、
ウンパルンパとの契約のシーンも、
沢山のことがおもろしく、
意味があって子供たちが脱落していくも
わかるから、この作品が怖い。ではなく、
面白いへと変わった。

あと、小さい頃は
ウィリーウォンカは、
ジャックバウワーと同じ人と
言われて、信じることが出来ない程
驚いたな〜〜〜
子ども向けやと知らず、でかい大人が観てしまった。
でかい大人は、大筋のストーリーが読めてしまうけど、
劇中の世界の仕組みが細部まで作り込まれていて、
「なんでなんで?」を連発する子どもも納得させるような、
作り手の大人の用意周到さと芸の細かさを垣間見た気がして、感心しました。
あと、ジョニー・デップが、顔が濃すぎるとかいう理由で今まで出演作を避けてきたけど、
役柄の変人っぷりに、役者魂を見た気がして、少し好きになりました。
ありす

ありすの感想・評価

4.5
ウンパルンパの曲良き。
だいち

だいちの感想・評価

3.2
小さい頃見たなぁ
>|