ショーン・オブ・ザ・デッドの作品情報・感想・評価

ショーン・オブ・ザ・デッド2004年製作の映画)

SHAUN OF THE DEAD

製作国:

上映時間:100分

ジャンル:

3.8

「ショーン・オブ・ザ・デッド」に投稿された感想・評価

Kosuke

Kosukeの感想・評価

3.6
『お前は死んでいる』
『玄関のドア閉めなきゃ』
・クイーン・パニック
『ちょっとタンマ』
これまたクライム映画っぽい、ノリと徹底的にイギリスアイテムにこだわっているところがベイビー・ドライバーの監督だよなーと思わせる。そりゃアメリカ産である「ゾンビ」って発言は禁じたくなるよね(笑)
mumu

mumuの感想・評価

2.9
ゾンビ映画なのにコメディっていうのに惹かれて観たけどさすがサイモン・ペグ脚本(笑)
ミモ

ミモの感想・評価

3.0
サイモンペッグの脚本が面白かったので、その流れで見ました。普通に面白かったですが、ちょっと期待しすぎて拍子抜けしてしまいました。(これより新しいホットファズや宇宙人ポールの方が更に洗練されてて面白い)
やはり、B級なのであまり期待しすぎずに気楽に見れるのがよいかなと思いました。
NNS

NNSの感想・評価

4.0
バカバカしくてグロくない程度に血塗れでよかった。
ショーンの顔がかっこいいな。
過去記録
エドガー・ライト、サイモン・ペッグ
最高!
ぴこ

ぴこの感想・評価

3.7
なかなかまぬけで一生懸命でキュートやった。終始コミカル。ちぎれるやろなー思ってたけど、ちぎれたとこ1番わろた。お気に入りは同じところでつまづくショーン。毎日つまづいてるんやろなーと思ったら、なんか愛おしく感じた。むしろ、守ってあげたくなった。
「コメディとは皮肉である。」
イギリス映画です。イギリスにおいてコメディとは、直視できない現実を笑うという行為によって逃避する手段の一つ。
ショーンオブザデッドも、人間の対極にある究極の他者であるゾンビを媒介にして、「人間はもはやゾンビなのではないか」と思わせる映画になっています。そこが最大に笑えるところであり、最大に皮肉なのです(^^)
niho

nihoの感想・評価

4.0
エドガー・ライトの映画は観ていて気持ちいい。「気持ちいい」って言葉がしっくりくる。クリケットのバットでゾンビを餅つきみたいにぽこぽこしてるの、おばかで最高だった…クイーンに謝って…

ゾンビと音楽への愛があふれていた。このシーン撮りたかったんだろうなあっていうのだけを繋げたような映画。そんな感じなのに観てるとちゃんと “zom com rom” なんだからすごいよ。🧟‍♀️🧟‍♂️
>|