イルカと少年の作品情報・感想・評価

「イルカと少年」に投稿された感想・評価

こういうポジティブさしかない映画を観るのもたまにはいいですね〜。
疾走感のあるダイナミックな映像に、息を飲む冒頭シーン。

ワナに引っ掛かり 傷を負ったイルカと交流する事で、人とうまく接する事が出来なかった少年が自発的に動いたり、行動を起こす姿に目頭が熱くなった。少しずつ変わっていく姿が 微笑ましかった。

なんかもう 全てが良かった。温かくて心地良くて、なんて優しく 爽やかな映画なのだろう。爽快感のある素敵な映画で、全てが気持ち良かった。

モーガン・フリーマンはどんな役で出てくるのかと思ってたら、しっかりちゃっかり重要な役だったのも嬉しかった。

出番こそ多いとは言えないけど、しっかり存在感と爪痕を残す 我が偉大なるモーガン・フリーマン、素敵です。


ペリカンがソーヤーの母を追いかけるシーンなんかは声を出して笑ってしまった。
あのペリカンは面白い。嵐には怯えるのもちゃっかりと可愛い。


前半はイルカと少年が心を通わせるところに目がいったけど、後半はイルカにとっても生きるか死ぬかの問題になってきて、義足に多くの人々の願いにも似た強い想いが乗せられていて、違った意味で感動してしまった。

この映画の何が良いかって、足が無くした人達がイルカのウィンターに勇気付けられて、義足をつけて新たなチャレンジをして一歩踏み出しているところ。

ウィンターが人々に夢と希望を与えている。少年のソーヤーだってそう。ウィンターと過ごすようになって、活き活きとしている姿が印象的。その心は厳しそうなお母さんまで動かしてしまう程。

実話という事で 奇跡のような話だけど、じっくりと見入ってしまった。最後の映像はずるい。あれは泣きます。

今でも元気に泳ぐウィンター、その言葉だけで私には十分でした。

爽快感が心地良い 涼やかな作品でした。

🐬2019年57本目🐬
J1review

J1reviewの感想・評価

3.6
内気な少年が、網にかかって座礁したイルカの救出をきっかけに周囲の人々と交流し、成長していく話。

動物と子どもが交流する映画は良いなぁ。イルカは賢い、ドルフィンスイムに行きたくなった。

イルカの負傷が負傷兵士やチャリティー活動に繋がっていくのはいかにもアメリカらしい。けど全体のゆったりとした牧歌的な雰囲気はオーストラリアのような感じもした。
とみ

とみの感想・評価

4.0
サクサク見れて飽きなかった

イルカや温かい人にたくさん癒される映画(^^)
駁

駁の感想・評価

3.5
イイ!∑d(・ω・`)ウィンター
UG

UGの感想・評価

4.8
不登校になったソーヤー(少年)が仲の良い従兄弟の一言で外出する。道中で漁の罠にかかり浜に打ち上がっているウィンター(イルカ)を助ける。
そこへ海の病院の人達が駆けつけて保護をする。
イルカの様子が気になる少年はその海の病院へ向かい世話をすることになる。
様々な問題が起こる中、少年を中心に問題に立ち向かっていく人々とイルカ話。

イルカ、ペリカン、子供達可愛かったなぁ。

成績の良くない落ちこぼれだったはずのソーヤーが意外と賢くて行動的で意思が強くて。
好きな気持ちって強いなって思った。
ソーヤーによって周りの人達の心が動いていく姿にはグッときた。全てうまくいくわけではないけれど、ダメな時とあるけれど諦めない心、大事。

途中出てくる映像と設計のCGが合わさって音楽が流れるシーンめっちゃ好き。
最後は本当に皆楽しそうでハッピーエンドで良かった。

知らなかったのでEDで当時の映像が出て実話だったの!?とゆー驚きがありました。だとすればソーヤーにはとても魅力があるし携わった人達カッコイイと思った。
あか

あかの感想・評価

4.0
ソーヤーがイルカと出会って成長している姿が素敵だった。とりあえずルーファスがうるさくて可愛かった。
ライト

ライトの感想・評価

4.0
イルカのウィンターがヒレを切断しちゃったけど装具つけて元気に泳いでいてかわいかった🧡🐬ソーヤーとヘイゼルも一生懸命イルカの世話をしてて感動😭
琉太

琉太の感想・評価

3.7
ミッドナイトアートシアター
内向的な主人公が成長していくストーリー
家族、友人と周りの人達が温かくホッコリする作品
イルカの鳴き声可愛い
ヒレに触ったこと有るけどウェットスーツみたいでゴワゴワしてた
ほのぼのした善も悪もないストーリー
実話を元にした動物モノの感動映画、イルカは生死を賭け尾ヒレを切断、作中には身体的に障害のある登場人物も出てくるが、感動ポルノにはなっていない。ただ純粋に目の前のイルカを救おうとする人間たち、また純粋に家族を思う人間たちのまっすぐな気持ちしか伝わってこない。とてもいい映画。ウォルターの視点から人間を見つめるシーンが何度も出てきて、言葉を交わることはできないながらも、確かに通じ合うものがあると感じられた。
嫌な人間がひとりも出てこないどころか逆にみんな精神的に成熟していて物分りよすぎて、みていて気持ちがよかった。特にクレイが子どもたちに「隠し事」をせず、ちゃんと打ち明ける場面が、大人として親として立派な、なかなかできる行為じゃないと思った。
>|