REC:レック/ザ・クアランティンの作品情報・感想・評価

「REC:レック/ザ・クアランティン」に投稿された感想・評価

未知なる感染症の恐怖は
バルセロナからロサンゼルスへと!!
ハリウッドリメイク版になりますね〜
ストーリーについては
基本的にオリジナルと変わりなしです。


TVレポーターとカメラマンが
番組の特集として消防隊員たちを密着取材をしていたところ
隊員たちに出動指令がくだる。

出動先のアパートに到着するや
その後続々とやってきた警察に外は完全包囲され
理由も告げられないまま封鎖、完全隔離されてしまい
アパートの中に閉じ込められてしまう住人や消防隊員、レポーターたち。

最悪なことに
アパートの中には彼らの生命を脅かす危険な存在も潜んでいて…、と。。


ジェニファー・カーペンターが
レポーターのアンジェラを演じている本作です。
どちらかと言うと
恐怖心にゾクゾクさせられる側よりか
相手に仕掛ける側のイメージの方が
強い女優さんだったので、
今回叫んで、震えて、また叫んでと
自分がもつイメージとは違うまた違う彼女が見れた気がして
その点満足ですね。

それからもう今だと成長して大きくなってしまいましたけど、
本編ではジョーイ・キングが
発症してしまう少女役として出演してます。
子役さんとして活躍されてたんですね。

ほいで
個人的に顔の作りが好きな女優さん、ダニア・ラミレスが出演してるのも
嬉しいところでした!!
相変わらず美人さんです。

全体だと
おっかない点と初見時のインパクトがやっぱり大きかったってところで、
選ぶならやっぱりオリジナルになっちゃいますね〜

そう言っても
リメイク版も決して退屈なわけではありませんし、
オリジナルに沿って丁寧に寄せてると思えたので
シリーズ自体を初見で見るのなら
リメイク版でも全然いいと思います。
展開まで長い

このレビューはネタバレを含みます

【字幕/録画視聴】
リメイク作だと知らずに視聴。オリジナルは未視聴です。
4階建て共同住居内で繰り広げられるゾンビに似た感染パニックもの。終始劇中の番組撮影用カメラ視点になっている所謂POVモキュメンタリー映画。物語的にはありがちな感染ものなんだけど、上手くシチュエーションを限定して主観撮影を組み合わせることで臨場感や個性を出してた。ただ、見やすいように手ブレを減らしているのか感染者と絡むところなどで少し違和感があったかな。まあまあ面白かった。
B級感ある笑
最後の方は謎だった、、、
Maru

Maruの感想・評価

3.1
女性がうるさくていらっとしたけど、それも現場感があるかな?
ゴン

ゴンの感想・評価

2.3
予告編がピーク
昔見たなぁと!
もともとホラー苦手だからあんまだったってだけなんだけど、
なんかビックリさせる系だったから(ホラーってそんなもんなのかな)もうやめてよ〜って感じだった記憶。

このレビューはネタバレを含みます

試みとしては面白いんだけど、手振れが酷く(しょうがない)酔いやすい自分としては正視できなかったので何が起きたのかイマイチ分かりにくかったのと、ヒロインのアンジェラがギャーギャーやかましい(これもあの極限状況ならしょうがない)のがイライラさせられた。

面白いし怖いんだけど、そこが自分と合ってなかったのが残念。

【ストーリーを忘れるであろう未来の自分用あらすじ】
取材の為に同行していたアパートでゾンビみたいなパンデミック発生。
閉鎖されて外に出られず、主人公以外死ぬ。
主人公は何者かに足を引きずり闇に連れて行かれる。
>|