縞模様のパジャマの少年の作品情報・感想・評価

「縞模様のパジャマの少年」に投稿された感想・評価

くり

くりの感想・評価

3.8
ユダヤ人強制収容所が農場に、囚人服が縞模様のパジャマに見えてしまうまだ世界の悲惨さを知らない純真無垢な少年の物語。

みんなが泣ける泣ける言うから期待して見たけど、だいぶ想像と違った。
悲しい事は悲しい。映画を見るだけでこれ以上悲しい気持ちになる話はないんじゃないかってくらい悲しい。
ただその悲しくなる展開があまりに突然すぎて涙が追いつかなかった。感動というより唖然に近い感じ。

特に母親のヴェラファーミガの悲痛な叫びはすごい印象的でそれが見終わった後の余韻になってずっと残ってた。

パヴェル……
bigson

bigsonの感想・評価

3.0
なんとも後味の悪い映画(*_*;
ナチスがユダヤ人に対しの酷い歴史が子供の目線でしっかりと描かれている

他国の歴史と言えども紛れもなく我々人類が行った最悪な事実❗
今の平和な時代をただ悪戯に過ごすのもいいが、こういう事実を映画を通して知ることも重要で自分に出来るわずかな行いの1つだと思っている。
忘れ去られてはならない戦争を後世に語り継いで行く思いが記憶にしっかりと残る衝撃的なラストに出ているのかな?
ラストが衝撃的。
もっとありきたりな内容の映画だと思っていたから後味の悪いラストでガツンとやられた
タガワ

タガワの感想・評価

3.8
考えても出ない正しい答え。
終わりの照明の暗くなり方と引きアングルが絶妙だった。
時代だからと言ってしまえばそれまで。
ドイツの車や服がかっこいいと思った
CHIKUWA

CHIKUWAの感想・評価

4.2
鬱映画として紹介されてたこの映画。
なるほど…
思ってた以上の破壊力でした。一日経っても引きずって心がしんどいです。
2人の純真な友情が余計に痛くて、ぶつけようのない怒りが込み上げてきました。2度と観たくないけど観て良かった映画です。
2008年公開のホロコーストを題材にした映画。
(日本の配給がディズニーなのが謎)

ナチスの将校を父に持つ8歳の子供が
父の転勤により田舎に住む事になって
森の奥で金網に囲まれた中で暮らす同い年の少年と出会うという物語。

話自体はフィクションではあるけど、ディテールは結構史実に忠実らしい。
ラストの展開が衝撃過ぎて、そこにばかり注目が集まりがちやけど
(それ故に一部批判が出ているのも分かる)
そこまでの色んな描写も結構興味深く見てた。

単に、残虐な事が行われていたという描写だけではなく
バックグラウンドであったり、
中心人物だけではなく周りの人物、環境や雰囲気、流れであったり
奥行きのある描写がある事がこの手の作品には重要だと思ってる。

このレビューはネタバレを含みます

曇り空から漂う不穏な空気。
子供の無邪気さが残酷な結末の映画
>|