グッドナイト・ムーンの作品情報・感想・評価

「グッドナイト・ムーン」に投稿された感想・評価

祐希

祐希の感想・評価

-
素晴らしかった。母親の子供を心から愛する姿や、子供も同じように親を愛していて、リスペクトしていて、イザベルも不器用で、まだ若いけれど彼女なりに愛情の与え方を徐々に知っていく姿がとても良かった。そしてジュリアロバーツのファッション最高
女として、そして母として考え悩む2人の姿がリアルでジュリアロバーツとスーザンサランドンの演技が細やか。
どちらも子供達への愛ゆえにだけどお互いを傷つけたりもやもやしたり…
イザベルとジャッキーのプチバトルに「それは大人げないでしょ」と思う反面、「そう簡単には割り切れない」と反すうしてしまう。
生き方も人としても正反対の2人は考え方が違うけどどちらも思いやりと愛にあふれた人。
アンナ(娘)とおなじように私も勇気をもらいました。

最初のジュリアロバーツのパジャマ姿、アンナに絵を教えている時のVネックとワークパンツの組み合わせ、あと車で子供達をジャッキーの家に送った時のハイパーミニスカート姿がかわいかった。
ZUMI

ZUMIの感想・評価

3.9
複雑な関係性だなって思ったけど、2人とも素敵な母親。最後は涙涙。
さゆ

さゆの感想・評価

-
過去鑑賞。
ほま

ほまの感想・評価

4.0
ヒューマン映画好きとして、なぜもっと早く見なかったのか!涙腺が何度も緩んだ。子役が2人とも本当に可愛い!!!!
原題は『義理の母』。エド・ハリスがサランドンと別れてジュリア・ロバーツとくっつく。難しいお年頃の二人の子供はそれに反発している。しかし前妻に癌が見つかり…。サランドンが上手すぎる。夫が奪われたことへの嫉妬、子供を攫われそうな不安、自分の未来への恐怖。子供の前で悪口を言ってしまう直情さ、元夫に対して素直になれない意地っ張りさ。そういう非常に人間らしい女性が子供のために後妻に歩みよる。その気高さ。エド・ハリスも職人。ポーチの夫婦喧嘩のリアルなこと。子供の承諾を得るために元妻の助力を乞うとこがなにかせこくて人間くさい。そのくせいざと言う時に「僕がついている」なんて殺し文句が吐ける頼れる男。ジュリア・ロバーツは分が悪かったな~。しかしいきなり子供に告知するとは驚いたね。
温かかった。
ジュリアロバーツ、美しい。
そして今まで見てきたプロポーズシーンで一番ロマンチックだった。
tipsy806

tipsy806の感想・評価

3.6
すべて巡り合わせの縁。
繊細なものの連続。

元妻と現妻の女の戦い。2人の母、どちらも愛でいっぱいだ。優しかったり、楽しかったり、笑えたり、切なかったり。
家族写真、胸が熱くなりました。

「人生には苦難が溢れている。フェアじゃないことも、選択次第で同じ苦難を良くすることもできれば悪くすることもできるの」ね!そうだね!

Ain't No mountain high enoughがよくかかってて、私好きで昔djでかけてたからぐっと上がってた。あとプロポーズシーン素敵すぎかよ!です。
>|