その女を殺せの作品情報・感想・評価

「その女を殺せ」に投稿された感想・評価

ため息が出るほどの面白さ...。最高🙆‍♂️
全く無駄が無い70分で
これはベストムービー更新🧐

マフィアに関する情報を持つ夫人を
ブラウン刑事(チャールズ・マックグロー)が
列車で護送する任務を受ける。
しかし追っ手も乗り込んできて....という話

列車に乗る前からもう神がかってる🤔
特にあの階段のシーン。ドキドキした

内容もこんなに面白いのに
窓を使うシーンとか
列車にくっついてくる車とか
かっこ良すぎてびびる👏
あんなんずっと見れるのでは...🤔笑

皆のキャラもすごい良かったし
どんでん返しありすぎて興奮した🥺👌
tiger

tigerの感想・評価

5.0
学校の授業でクソつまらないダルデンヌ兄弟の出来損ないのような映画(フィルマにすらない)を見せられている間、最近見たこの映画を思い出して二時間耐えてた。
lag

lagの感想・評価

4.3
護送。真珠のネックレス。闇に潜む暗殺者。見張って巻いて。列車の狭い通路。首のぜい肉たっぷりの太っちょ。こっちまで蹴られる肉弾戦。並走する車。レコード。窓の反射。降車して拳銃をしまう。
面白いということに関してこの作品を超えるノワール映画って存在するのだろうか?ってぐらい超絶中の超絶大傑作。

追っ手との乗車前のさりげない攻防からして超面白い。乗車してからは世界一スリリングな電車内の使い方。あの狭い廊下1つでサスペンスもギャグもこなしてしまうの驚異的。

ガキも最初イラッとするけど段々可愛くなっていく。ある種の疑似家族モノとしての側面か。だからこそラストカットが泣けるんだなぁ。

『あの女を殺せ』邦題がかなり上手い。これのお陰でよりツイストが効いた構成に感じられる。

クライマックスの攻防は完璧オブ完璧。演出とはこういうことか…って感じ。二度と生まれないよあんな名シーン。

このレビューはネタバレを含みます

これは面白かった。序盤、真珠かなんかが、ポロポロ落ちて、階下にいる追手の存在を示すところとか、シンプルだけどこれが映画的アイデアだよねーとニッコリしちゃう。
それにしても女刑事がカッコ良すぎるでしょ。女刑事だとは全く思わなかったから凄くびっくりした。
原題のnarrow marginは狭い通路のことかな。
えす

えすの感想・評価

4.3
超絶カッコいいショットの洪水。
やっぱり小物の使い方が上手いサスペンスはめちゃくちゃ面白い。
列車の空間設計を最大限に活かしてる。
こぅ

こぅの感想・評価

4.1
リチャード・フライシャー監督による、【護送
サスペンス】。

ブラウン刑事は、マフィアに関係する重要な情報を知るニール夫人を列車で護送する任務を受けたが、追っ手も乗り込む車内で、乗客も巻き込む攻防に…。

簡潔、贅肉無し脚本の天晴れな娯楽作品で唸った。

兎に角、走る列車のようにテンポが良い。
二転三転、ちょっとしたユーモアも入れて観客を
ホッとさせてもくれる緩急も忘れない。
スカッとする【肉弾戦】が有れば、派手な銃撃戦
など無くても満足。

キレのあるカメラワークも秀逸。

終盤のどんでん返しは、エンタメとして充分面白い
が、ムードに流されてか、その種明かし(理由)
は、しっくり来ず0.3減点。

キャラ設定も其れ魅力的で、
特にブラウン刑事の、例え同僚思いでも色気や悪の
取引には絶対応じない強固なプロ根性には痺れる。

横の道路に同行して走る車や、クライマックスの敵
との◯越しの駆け引き、と最後まで楽しませて
くれる傑作。


ラストシークエンスも決まる。

総じてリチャード監督の確かな手腕を堪能出来る
逸品。


余談、
本作を観て、原題でピンときて調べてみた
ら、、
やはり、ジーン・ハックマン主演の
【カナディアン・エクスプレス】は、リメイク
だったのか、、
通りで昔、結構面白かったはずだっ。
純粋サスペンス映画。隙がないにも程がある(…映画もあの男も)
Zealot

Zealotの感想・評価

3.9
犯罪/ ドラマ/ フィルムノワール/ スリラー
【既述。『静かについて来い』欄で】バジェットに関係なく、映画のあらゆる醍醐味・気安さの要素が、見事にいきいきと詰まっている。傑作。
>|