救命艇の作品情報・感想・評価

「救命艇」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

究極の船上の臨場感の伝わり方は良かったのだが、最後の突然の終わり方は何だろうか?フィルムが途中で切れてしまったのだろうかと思わせるエンディング。
彼らだけが答えを知っているのよ。


アルフレッド・ヒッチコック監督 1944年製作
主演タルーラ・バンクヘッド


シリーズ「ヒッチコック作品巡りの旅」
今回は少し寄り道です。

今日は「終戦記念日」ですので、ヒッチコック作品で、戦争を描いたものを取り上げたいと思います。
前二作も1942年の製作なので、戦時色は出ていましたが、今回は1944年という大戦終盤での作品。
また、個人的に、ずっと観たいと思っていながら未見だったという「救命艇」を選びました。ユーネクストにあったんだよね~(ˆωˆ )フフフ…アリガト


この映画は、1993年にリメイクされて、宇宙船からの脱出ポッドでのシチュエーションとなっています(「ライフポッド 」という題。なんと、レビュー数が5本)Σ(・ω・ノ)ノ!
この映画は知っていましたが、残念ながら観てはいなくて、ずっと気になっていました。絶対、僕が好きな話ですからね。また、そのオリジナルがヒッチコックだというのも知っていましたし。
ところが、そのオリジナルのヒッチコック盤も未見で、チャンスを待っていました!
今回、ようやく観られて、嬉しいです( ˘ ˘ )ウンウン





さて、映画です。
実に面白かったです。
いわゆるワンシチュエーションもの。
よく、これで90分もつよね。
本当に凄い!

オープニングが素晴らしいですね。
煙突のアップから始まり、舞台は客船かな?と思う。
すると、クレジットが終わったところで、なんと煙突が沈んでいくんです。
そこから流れてくる残留物。
上手いなぁ!
お手本のような展開ですよね。


ざっくりストーリーを説明すると、ドイツの潜水艦に撃沈された客船の生き残りが1人、また1人と救命艇に助けられる。そんなところに、1人のドイツ人が乗り込んでくる。実は、彼は自分たちを沈没させた潜水艦の生き残りだった。果たして、救命艇に乗る者たちの運命は……という感じです。


1艘の救命艇に9人の生存者
ジャーナリストのコニー
最初に乗ってくるエンジニアのコバック
ダンサーで負傷しているガス
操船担当のスタンリー
看護士のアリス
富豪のリット
赤ちゃんを抱いたヒギンス夫人
黒人のジョー
そして、ドイツ兵

それぞれの置かれている境遇と立場が絶妙で。
単純にサバイバルものとしても面白いのに、そこに敵であるドイツ兵が1人加わるんですからね。彼をどうするかで意見が分かれるなど、本当によくできている。
これは原作を書いたジョン・スタインベックを褒めるべきですよね。さすがでした( •̀ω•́ )و✧


あと、この映画、劇伴がないんです。
前回レビューした「疑惑の影」は、あれほど音楽で盛り上げていたのに、今作は波の音や風の音ばかり。
それが遭難した生存者の置かれている状況を、実に上手く僕らに理解させます。上手いなぁ!


最初は思い思いの考えがあり、"民主的"に決定されていたものの、次第にその考えは捨てられ、一方向に進んでいく様子が見事に描かれています。
そして、迎えるラスト。
大衆が戦争へと向かっていく流れが実に分かりやすい。

最後にドイツ兵の取る行動とか、ちょっと納得行かないところもあるんですが、それでも、疑心暗鬼な状況を見事に作り出すヒッチコック監督はさすがでした。
ナチスの描き方とか一方的で、戦時下でのプロパガンダ映画と言われますが、戦争に対してはシニカルな感じで、戦意高揚とは違う印象を受けました。
面白かったです( •̀ω•́ )و✧






【おまけ:ヒッチコックを探せ!】
今回は無理😣
絶対、分からないから(笑)
僕もネタバレサイト、見ちゃいました(*^-^*)ゞテヘヘ
海に死体で浮かんでるかとも思ったけど、まさかの新聞の広告とは!分かる訳がない……( ¯−¯ )フッ
ozako

ozakoの感想・評価

-
鑑賞日不明
シュウ

シュウの感想・評価

3.7
第二次大戦中、Uボートに撃沈された貨物船から逃げ出して救命艇に乗った人たちと、返り討ちにあったUボート乗員が、同じ救命艇に。

救命艇という密室劇。
緊張感と衝撃的な内容は引き込まれます。

このレビューはネタバレを含みます

ドイツ兵の性根が気に食わない。嵐の後の英語ペラペラだった事実と共に、あの異常なまでの明るさも気持ち悪かった。

ドイツ兵はそれでも手術もしてくれたし、100%悪い男とも言えない。
色々やべえ奴だけど。

最後に出てきたハンドガン系ドイツ兵は狂ってるとは思わなかった。むしろ普通なんじゃないかな、あいつがやばすぎなだけ。

自分が不利な立場な訳だし。周りはアメリカ人、自分は船から落ちた敵兵であるドイツ兵。油断はできない。

「人間、苦しみ絶望にいる時はどんな助言でも受け入れてしまう」というセリフ、核心をついてて好き。、

このレビューはネタバレを含みます

「同じ人間なのか?」に尽きる。

魚雷を受けて沈没した英国貨物船からの生存者たちが、次々とコニーの乗った救命艇に辿り着く。

そこへ、ドイツ兵士が助けを求めて救命艇へ泳ぎ着く。

さて、ドイツ兵士を乗せる?乗せない?

乗せておいて、捕虜として軍に引き渡すことが多数決で決まるのだが...。

ストーリーの展開と共に、
このドイツ兵士が、
実は船長で魚雷発射の命令を出した奴。
実は英語が話せる。
実はコンパスを隠し持っていた。
実は水や食料を独り占めしていた。
水を隠し持っていることを知ったガスを海に突き落とし見殺しにした。
...というトンデモナイ奴だったことが判明。

もうダメかと思われた時に、ドイツ軍の補給船が目の前に。
捕虜になることを覚悟した面々だが、突如現れた英国軍艦の砲撃を受けてドイツ軍補給船は沈没。

助かった...と安堵した面々の救命艇に、手をかけたのは...若いドイツ兵士。

Uボートの船長は狡猾だったが、この若いドイツ兵士は手に銃を握っていた。
ホント「同じ人間なのか?」に尽きる。

同じことを経験し、同じものを見聞きし、同じ状況に身を置いた時に、一人一人がどう考えて、どう対処するのかが丁寧に描かれていて面白かった。

非常時には、本当の自分が現れるんだな。
はろ

はろの感想・評価

3.5
衝撃的

このレビューはネタバレを含みます

ドイツ軍の魚雷攻撃を受け大西洋上に沈没した客船
脱出に成功した船員、乗客を含む7人の男女等は
大海原に浮かぶ1隻の救命艇に命からがら乗り込むが
連合国軍により撃沈されたドイツ兵が助けを求め乗り込んでくる…





☆ --------------------- ☆





          ネタバレになるので
  ↓  作品が気になる方は閲覧しない方がいいです。 ↓




ドイツ軍の手により海の藻屑となった人々がいる中
助けを求め救命艇へ乗り込むドイツ人の男。
波のうねり、潮風の音
にわか雨と帆を照らす太陽の日差し
炎に集う手の平、新聞紙を突き破る指とヒロインの妖艶さ
こんな余裕ないでしょ、そう思う部分もあったけど
徐々に明らかになってゆく内に秘めた強かさ
ロマンスを感じる触れ合う爪先など
遊び心を感じさせるモノクロの画のセンスが際立ってました。
ryodan

ryodanの感想・評価

3.0
2006-05-12

ヒッチコックならではの演出が功を奏した感じです。
今と違って“オイオイそんなどんでん返しありか”がなく、犯人捜しをしなくてもいいので、画面に出てくる登場人物の丹念な心理描写にたっぷり浸かれて心地よかったです。最後の件は、よかったです。
SKE

SKEの感想・評価

3.3
遭難というよりシェアハウスだな。
>|