突撃!O・Cとスティッグス/お笑い黙示録の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「突撃!O・Cとスティッグス/お笑い黙示録」に投稿された感想・評価

秋日和

秋日和の感想・評価

4.5
人や花火やお酒が乱れに乱れていくことを許すこの映画の中で、アルトマンは唯一、色彩が乱れることを許さない。
例えば家族で囲む食卓のシーン。部屋のなかに不自然なまでに配置された緑の数々(子供が昔描いたと思われるサボテンの絵)。テーブルの上も華やかな緑に彩られて、そこに緑の服を着た役者を座らせる。緑のバックに緑の服を合わせてくる……こんなことを平気な顔してやってのける監督って、アルトマンとサークと清順くらいしかまだ知らない。
他にも見事だと感じたのは、カーショップのシーンでの鮮やかなカットの繋ぎ方。シーンの冒頭で赤、青、黄のフラッグを映し(日本でもそうだけれど、車屋さんはどうして三角形のフラッグを吊るしたがるのか?)、次のカットで同じ配色をした車が並べられている様子を捉えていく。仕上げには、店員の服をも同色で映し出す。あまりにも完璧な遊び心で、思わずうっとりしてしまう。
他にも挙げるとキリがないけれど、アルトマンが確信犯的に色を使っているなと感じたのは、アイスを食べながら金持ち親子が夜の街を歩くシーン。子供が親に向かって「どうして僕は桃なの?(僕の着ている)服に合わせたの?」と問いかけてみせる。この瞬間は本当にニヤッとしてしまったし、楽しくって仕方がなかった。
個人個人に色を与えているから、色が飛び交うパーティーや花火のシーンは、場面としての混沌さは別として、とても鮮やかで、寧ろまとまりがあるとさえ思う。ずっとずっと面白かった。
ムチコ

ムチコの感想・評価

4.4
コメディ映画文化祭にて。

過剰でビシビシ色が決まってて最高。クライマックスも全然わからなくてたまらない。シャンデリアにはウイスキーボトル。
「ナッシュビル」の見えざるラスボス、ハル・フィリップ・ウォーカーがブラウン管の中とはいえついにその姿を現す。やつが敵だ!ウォーカー支持者の保険屋をぶっ潰せ!何故(要介護老人の件もあるが)

とんねるずみたいな二人組男子学生が暴れまわる男根主義的なタブーなしのアナーキーお笑い世界は「MASH」に近いかったのでベトナムから帰還したデニス・ホッパー(BGMがワルキューレの騎行に!)の出演もあって制作年を少し古めに見積もっていたが1985の作。わりと悪い意味で驚くが、「フール・フォア・ラブ」とかディック原作じゃない方の「ストリーマーズ」とかそのへんなので、アルトマンの引き出しの多さというか節操のなさがよくわかる。

潜行期アルトマンのナショナル・ランプーンもの映画なので「MASH」よもう一度みたいな思惑があったんだろうか。この時期のアルトマン映画の空気感とランプーン的な攻撃性がいかにも取り合わせが悪い感じに混ざった怪作という感じはあるので、その意味では面白かった。
csm

csmの感想・評価

5.0
バカみたいなワンピース着てあったかいとこ行きたいし、結婚パーティーでは新郎新婦より先に恋人でもない奴と踊りたい。呼ばれないけど。
TaiRa

TaiRaの感想・評価

-
デタラメ具合で行ったらアルトマン史上最高なのでは。カオス。

「ティーン・ムービー嫌いだから」という理由で監督を引き受けたアルトマンの嫌味たっぷりなティーン・ムービー。高校生のO・Cとスティッグスが成金保険屋の家族にしつこく嫌がらせする話。レーガン時代の郊外に住む保守系富裕層を代表する様な成金一家と中流以下の家庭に育つアナーキー高校生という構図。原作がナショナル・ランプーンのキャラなので『アニマル・ハウス』直系のおふざけ感ありつつ、ジョン・ヒューズ系ティーン・ムービー前夜という空気もある。なんかヒューズが脚本に関わってる説もあるとかないとか。ヒューズ映画の役者たちも出てたりする。アルトマンの過去作含めて色々詰め込んだごった煮映画でもある。キチガイ帰還兵デニス・ホッパーがヘリ乗って飛んで来る『地獄の黙示録』パロディとか。浮き輪で川下りしてメキシコへ行く時のモノローグも。基本は『マッシュ』のおふざけコンビ映画の形をやり直してる。「ウエディング」での「バード・シット」とか意図的なのか分からん自己パロディみたいなギャグが入る。キング・サニー・アデのライブシーンとか入って急に音楽映画になったり、結婚式でミュージカルごっこのダンスしたり、好き放題。花火の銃撃戦とか子供のお遊びみたいで楽しい。O・Cの元警官やってたモウロクじいちゃんのエピソードトークが全部凶悪過ぎて最高に笑える。結局はじいちゃんの為って結末も謎のほっこり感。
一

一の感想・評価

-
相変わらずというかいつにも増して喋るのを止めてくれないアウト・オブ・コントロールなアルトマン世界の人間たち。悪ふざけがすぎるアウト・オブ・コントロールな映画。やりすぎ。最高。ベトナム帰りのデニス・ホッパーやばい、全てが。何故かブラックムービーの名作『スウィート・スウィート・バックス・バッドアス・ソング』の監督メルヴィン・ヴァン・ピーブルズが出ている。
ロタヒ

ロタヒの感想・評価

3.7
アルトマンの映画は、狂騒があるのがほんま好き
あれ?アルトマンお前はこんなもんじゃないだろ!と思いながらもラストのワルキューレの騎行をBGMにヘリからジジイをプールに突き落とすシーンとミシェルとの仲直りには感動。
序盤が物語にあまりついていけず、内容少し頭に入れてから見ればよかった。反省します。
いや、これはだめでしょう。パロディや風刺を詰め込むとアルトマンは途端につまらなくなる。大した映画ではない。
>|