TaiRa

突撃!O・Cとスティッグス/お笑い黙示録のTaiRaのレビュー・感想・評価

-
デタラメ具合で行ったらアルトマン史上最高なのでは。カオス。

「ティーン・ムービー嫌いだから」という理由で監督を引き受けたアルトマンの嫌味たっぷりなティーン・ムービー。高校生のO・Cとスティッグスが成金保険屋の家族にしつこく嫌がらせする話。レーガン時代の郊外に住む保守系富裕層を代表する様な成金一家と中流以下の家庭に育つアナーキー高校生という構図。原作がナショナル・ランプーンのキャラなので『アニマル・ハウス』直系のおふざけ感ありつつ、ジョン・ヒューズ系ティーン・ムービー前夜という空気もある。なんかヒューズが脚本に関わってる説もあるとかないとか。ヒューズ映画の役者たちも出てたりする。アルトマンの過去作含めて色々詰め込んだごった煮映画でもある。キチガイ帰還兵デニス・ホッパーがヘリ乗って飛んで来る『地獄の黙示録』パロディとか。浮き輪で川下りしてメキシコへ行く時のモノローグも。基本は『マッシュ』のおふざけコンビ映画の形をやり直してる。「ウエディング」での「バード・シット」とか意図的なのか分からん自己パロディみたいなギャグが入る。キング・サニー・アデのライブシーンとか入って急に音楽映画になったり、結婚式でミュージカルごっこのダンスしたり、好き放題。花火の銃撃戦とか子供のお遊びみたいで楽しい。O・Cの元警官やってたモウロクじいちゃんのエピソードトークが全部凶悪過ぎて最高に笑える。結局はじいちゃんの為って結末も謎のほっこり感。