エイリアンVSアバターの作品情報・感想・評価

エイリアンVSアバター2011年製作の映画)

ALIENS VS. AVATARS

製作国:

上映時間:81分

1.7

「エイリアンVSアバター」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

1.7
どこでどうして観たのか覚えてないけど「勝手に戦え!」のコピーが妙に記憶に残ってる

ザ☆B☆級☆映☆画☆
アバター()は戦わずロボターというロボットがメインで戦います
しかしロボターは基本的に故障が多く糞の役にも立ちません
直ったと思ってもエイリアンには効かず攻撃が弾かれてしまいます
ラストは痺れを切らした主人公が木の棒で倒してました
あとアバター()の性格がとても悪いです
barrel

barrelの感想・評価

1.7
1つ言えるのは、こんな映画で時間を無駄にするなら『エイリアン』か『アバター』を観た方がいいということだ

アバター(?)側の切り札であるロボターは無限のエネルギーと、イデオンのような事を謳っている割には大気圏突破ごときでほとんど故障、ロボターより劣っているはずのスカイス(敵)は五体満足で地球に降り立ってしまう
しかしスカイスは木の棒を装備した人間より弱いので正直ロボターの必要性はない。しかしちゃんとした武器を持った奴よりは強いぞ
木の棒>ロボター>スカイス>まともな武器

しかしこの映画、何故かヒューマンドラマとしての出来はいい。『リバービースト』のときもだが、何故こんな感じの映画はヒューマンドラマの出来は結構まともなんだろう
この映画ももちろん、スカイス、アバター(?)が登場すると途端につまらなくなる
ぶっちゃけヒューマンドラマメインでやれば結構いい映画になったはずだ

あと、ジャケットのエイリアンもアバターは勿論登場しない
むしろ登場した方が驚きで...
人間同士の会話(童貞を捨てるだの捨てないだの)は同い年ということもあってか割と面白かった.

エイリアンが人を襲うシーンはクリーチャー系のコスプレをした男が人を追っかけてるようにしか見えない.
他人にオススメしたくない映画.

このレビューはネタバレを含みます

Z級映画です。
お酒を飲みながら爆笑するために見る映画です。
真剣に見てはいけません。
低予算で一生懸命作った結果がコレと思うと笑ってはいけないのに笑ってしまいます。エイリアンの着ぐるみだから山の中で走るとめっちゃ遅いし、アバターの持ってくる機械はことごとくぶっ壊れてるので約立たず。
疲れた時に見てください。
セリム

セリムの感想・評価

1.0
鑑賞後の喪失感がハンパない。
あるんだなぁ〜…こんな酷い映画w

アバター(おそらく青いのがそうだと思う)がデスラーにしか見えないのは気のせいだろうか?
やあメタルマンだ、この作品はエイリアンVSアバターというタイトルのようだが、なぜかエイリアンが出てこないんだ。
代わりに、お遊戯会のためにちょっと気合入れて作ろうとしたらなんかキモくなってしまった怪獣の着ぐるみみたいなのが出てくるんだが、まさかこれがエイリアンだなんて言わないよね。

アバターも出てこないんだ。
代わりに出てくるのは身体を青いペンキで万遍なく塗りたくったお姉さんで、まさかこれをアバターだと言い張るサイコパスはいないだろう。

なんて嘘だらけのタイトルだろうか、合ってる部分が「VS」しかないではないか!
時間の無駄になること受け合いの駄作だが、珍妙にも借りてしまった方のために僭越ながらアドバイスを。

DVDをプレーヤーに入れて、再生が始まったらリモコンの「早送り」と書かれたボタンを最速になるまで押してみよう。
これできっと被害を最小限に抑えられるはずだ。

色々書き連ねたが、まあ要点をかいつまんで一言にまとめれば「 ク ソ 映 画 」これに尽きる。
ガッデム。
>|