ポゼッションの作品情報・感想・評価

「ポゼッション」に投稿された感想・評価

最高にイカれてる

イザベルアジャーニの狂いっぷりが怖すぎる。
ホラ丼

ホラ丼の感想・評価

2.0
嫁がぶっ壊れるシーンで有名だったので、数年前に見た。
今記憶に残ってるのは…結局壊れたシーンだけだ…
yt

ytの感想・評価

5.0
最高!最高!何度見ても最高!!!
逐一面白すぎる!!!
矢口真里状態!!!
mtkinoko

mtkinokoの感想・評価

3.9
「神様は銀行と同じよ。出す時はクリーン、受け取る時は汚れてる」

未練たらたらに私怨をぶちまけるだけで、こんな映画を撮ってしまうのか。天才ってコワい。
堊

堊の感想・評価

4.6
「あの犬は老衰じゃないぜ
それで君はどうするんだい?
滅びかけた世界を救うために戦ってくれ
もう我々は子供じゃないぜ」

再見

全字幕写経したい。
クソ映画ではない。クソ自慰行為。だらだらだらだら元奥さんを傷つけ、未練をぶつけ、説明も描写も足りないだらけ。最後は駄目男振り全開。バッカじゃねーの。こだわってるのは監督あんただけだ。そんなだから元奥さんに捨てられるんだよ。
吉田

吉田の感想・評価

5.0
画面酔いしそうな変態的カメラワークとバキバキにキマってる奴の思考回路みたいな凄まじいテンポの良さと何と言ってもイザベル・アジャーニの怪演。文句無しに面白い。
ファミレス?での追いかけっこがピーク
ホラーともミステリーともつかない奇妙な不条理劇。
だがその驚愕の物語、
圧倒的な映像魔術、
アジャーニの演技を越えた演技によって世界各国で数々の映画賞に輝いた問題作である。
長い単身赴任を終え、
妻アンナのもとに戻ったマルクは、
妻の冷やかな態度に傷つく。
その不倫相手と対峙したマルクだが、
彼=ハインリッヒは“第三の相手”の存在をほのめかす……。
本作はカンヌ国際映画祭でパルム・ドールにノミネートされ、
イザベル・アジャーニは主演女優賞を受賞しました。
舞台となる都市はベルリン。
撮影当時はドイツはまだ東西が統合されておらず、
映像に“ベルリンの壁”が映っている。
狂気の絶叫を続けるイザベル・アジャーニにイライラするのだが、
彼女の体を張った迫真の演技が素晴らしいのは確か。
惜しげもなくヌードを披露してくれるのも素晴らしい。
クリーチャー製作はあのカルロ・ランバルディ。
彼らしいグロテスクなクリーチャーを生み出している。
一晩中していたから疲れる(何を?)クリーチャーが可愛い。
クリーチャーは一見の価値はあると思います。
告白しよう。いつかは知らない理性がうまれたその日から、善と悪に支配されていることを。サッカーを観ている時に思うんだ、これは攻めているのか?守っているのか?って、答えを誰も知らないことを。張り詰めた支配が張り裂ける季節、わたしのあたまも狂ってるみたい。本当に。
>|