ポゼッションの作品情報・感想・評価

「ポゼッション」に投稿された感想・評価

菩薩

菩薩の感想・評価

5.0
なんじゃこりゃ!→なんや貴様!!→なんでそうなんねん!!!の見事な三段落ち、目の前の狂気は加速し続け、それに身を委ねてるうちにあっという間に2時間が経過する。

単なる離婚劇と侮るなかれ、中盤以降この作品からは全ての説明責任が取り払われていく、つか無理。ATフィールドは誰もが持つ心の壁、その為本来は人が人を所有することは出来ないが、時たまそれをせずにはいられない人がいる。そんな者に神は悪魔の化身を授ける、この辺りやってることほぼエヴァね。理想は追い求めているうちが華なのであって、手に入れてしまったら案外つまらないもの、そして強すぎる理想と理想(=思想)とは必ず衝突するものである。

監督本人の私怨が色濃く反映されている作品であるが、その背後には遥か遠くとなり果てた祖国への憧憬、絶対に超えられない男女の壁、資本主義vs共産主義と、あらゆる残酷な現実が見え隠れし、度々映されるベルリンの壁はあらゆる分断を意味する。

絶対に開けてはならないパンドラの匣、その蓋が解き放たれる時、世界は再び地獄の業火に包まれる。おそらく『キャッツ』(観てないけど)以上に、己の精神の根底に巣食う眠れる性癖が呼び起こされる危険性がある、その扉を開けてはならない…その扉を開けては…。

もう全部のシネコン全時間帯『ポゼッション』でポゼッションしちゃえばいいのに…。そうすれば世界は変わる、いや、終わり、あらゆる所にピンクの靴下が咲き誇る事となろう…。「この世の映画一本だけ自分が撮った事にしていいよ」なんて悪魔の囁きが聞こえて来たら迷わずこれを挙げる。なんでこんな面白い映画あるのに誰も教えてくれなかったの…?ここに至るまで約3000本、ちと遠回りをし過ぎた…。オールタイムベスト級、でも絶対に誰にも薦めたくない。完敗です。
今まで観た映画で一番ヤバい映画です(笑)
ヒロインは主演女優賞とっても過言ではないよ。キレイだし!

別におもしろくないし理解できないんだけど、撮り方とか工夫(斬新)してるなと思いました

エグいのは苦手(笑)引いたもん俺…

映画で例えるなら、『たかが世界の終わり』と『イレイザーヘッド』をかけた感じ。どう?

2020/02/20
アップリンク渋谷にて鑑賞

とにもかくにも訳が分からんこの映画

登場人物それぞれに物語というかストーリーがあって個々がそれぞれ演じていて、一見世界観的にはバラバラだけど、どこかで繋がってる、のか?

あんなに美しいイザベラアジャーニが時に狂い、叫び、のたうちまわる
その横でただ見ているだけのサムニール

これを考え、演出した監督も気が狂ってるとしかいえないし演じていた俳優達は内容分かって演じているのか…?
監督に言われた通りにやっただけなのか…

よく分からないけどまた観たくなるような中毒性のある作品でした
Synovu

Synovuの感想・評価

-
記録用
(1980年作)
長い単身赴任が終わった夫、だが妻はよそよそしく悪びれもせず浮気を告白し…。冒頭から狂気が漂うし、イザベル・アジャーニが綺麗で目立つから仕方ないけど、そもそも登場人物全員おかしい。で全編シュールに走りきる。カオス、意味分からん。でも何か好き。
nana

nanaの感想・評価

-
なんだ!私は一体何を観たんだ!
最近観た中でも、最も先の読めない作品でした。
凄い作品を観ました。

何で知ったのか覚えていませんが、観たい映画リストに入れていたこの作品。
公開40周年記念ということでリマスター版が公開されたので、この機会に劇場で観賞しました。

序盤から言い争う夫婦。
妻には他にも相手がいるらしいということで、お怒りの夫。
言い争いというより、家の中だろうが店の中だろうが家具や物をひっくり返して大暴れする派手な夫婦喧嘩です。
離婚だ、親権はどうするんだ、という話が進み、最近観た『マリッジ・ストーリー』や『クレイマー・クレイマー』のような夫婦崩壊ものなのかと思って観ていると、途中から予想もしていなかった方向に物語がドライブしていきます。
知らずに観ていたら絶対「え、こういう映画なの!?」と驚きます。

ドラマ、ホラー、ミステリー、活劇…ジャンルを一言では言い表せない作品です。
主演のイザベル・アジャーニの美しさと危うさが魅力的。

ひき肉機。
ピンクの靴下。
青い眼と緑色の眼。
バレエ教室。
善と悪という姉妹。
好きな人、とは理想の人、ということなのか?

観ているこちらまでおかしくなりそうな、まさに何かにポゼッションされそうなパワーを感じる映画でした。
観れて良かった…。

"Almost."

このレビューはネタバレを含みます

なんか見てはいけないようなものを見た気がします。病気の時に見る悪夢のようです。アンナ役の女優さんの狂気の演技も含め、雰囲気といい、全体的に狂ってました。

特に女性は見ることを全くおすすめしません。。。もちろんこういうのに耐性がある方は別ですが…。

自分なりに映画の中身を考えたら、すごく気持ち悪い感想と考察になりました…。書いてていやーな気持ちになりました。。

あらすじ-----------------------------
単身赴任先から我が家に帰ってきたマルクは、妻アンナのよそよそしい態度に不信感を抱く。そしてアンナが自分の留守中に不倫していたことを知る。相手はハインリッヒという男で、アンナはマルクを激しく拒絶し、ハインリッヒと逢瀬を重ねる。しかし、彼女は度々マルクのもとへ戻ってきて、その度に、2人は感情を爆発させ、容赦なく傷つけ合う。(精神的にというか、むしろ物理的に)アンナはヒステリーというより、もっと深刻な錯乱状態に陥っているように見える。一体全体彼女に何が起こっているのか…
-------------------------------------


Q1. この映画は結局何がいいたいのか?
A. 主題は「性欲」だと思いました。
アンナは結婚生活に倦怠を感じ、浮気をするうちに、性欲に取り憑かれて極上の快楽を求めていったのだと解釈しました。
また、アンナの浮気相手ハインリッヒはマルクを揶揄するのに、やたらと「満足させられているのか?私の方がその点で優れている」という内容の煽り文句を使ってきます。一方のマルクも「(彼女を満足させるという点に関しては)ハインリッヒの方が優れている」といったような劣等感を抱いているように思えました。最終的にマルクはハインリッヒをエグいやり方で殺すわけですが、はっきりいって狂気じみた行動です。
だから、この映画は「性欲に取り憑かれた者たちが狂気に染まっていく様」を描いているのではないのでしょうか。

Q2. アンナと瓜二つのヘレンは何者?
A. アンナが性欲の奴隷なのだとしたら、ヘレンはアンナのそれ以外の家庭的な部分、子供を庇護し、夫を純粋に愛する部分だと思います。実際ヘレンとマルクは行為に及ぼうとするものの、結局「やらなくてもいい」みたいな空気になって、二人ともそれに満足していました。

Q3. アンナが産み落としたグロい触手付きの化け物は何?
A. あれはアンナが最上の快楽を求めた結果生み出した究極のダッチ・ワイフならぬダッチ・ハスバンドだと思います。まあ、実際アンナはその化け物と行為に及んでいたので、そういうことでしょう。

Q4. なんで終盤、マルクそっくりな男がアンナと一緒にいたのか。
A. たぶんあれは触手付き化け物の完成形だと思います。化け物との行為中、「Almost!(もう少し!)」と叫んでいて、あれは「(完成まで)もう少し」という意味だと感じました。また、話が進むにつれて化け物少しずつ成長してる気がしましたし…。
マルクそっくりなのは、やっぱりなんだかんだセックス の相性以外だと元夫のことが大好きだった、ということではないでしょうか。究極の快楽を求めた結果、「究極にテクのある元夫」が完成した…みたいな。言い方を換えると、夫の理想形がここで出来上がったのだと思います。

Q5. なんで最後子供が風呂場で入水自殺みたいなことをしたのか?
A. マルク2代目が家に来たことを察知して自殺していますから、マルク2代目に恐怖を感じたのだと思います。
マルク2代目はアンナの産み落とした触手付き化け物の成れの果て、つまり性欲の権化というか、塊、なわけです。一方、子供も、事実だけを見ると性行為の果てに生まれた産物です。つまり母親の性欲の結果、ということになります。彼は、そんな化け物と自分が同じ存在だということに気付いて絶望して自殺したのではないでしょうか。(自分で書いてて嫌な考察……)


この映画で一番恐ろしいところは離婚をテーマに扱っているのに、子供が完全に蚊帳の外なんですよね。普通あんなやばいドロドロ喧嘩見せられたら、子供発狂すると思うんですが、二人が傷つけあってる時に一切子供の気配がないです。

結局最後子供は自殺します。子供自殺する映画ってやばくないですか。本当にゾッとしました。

後味最悪だし、女優さん演技怖すぎだし、考察してみても嫌な解釈しかできないし…。何も得しない最悪の胸糞映画でした。しかし、本当に他にないヤバさだったのでこのスコアです。
560

560の感想・評価

-
このメンヘラがすごい!大賞、圧巻の1位だった。
妻の浮気で家庭が崩壊していく中、浮気相手は誰なのか探っていくが・・・。
頭がおかしくなりそうな中、なんとか最後まで付いて行ったが、全く意味不明の着地で、思わず解脱。
めっちゃ大好きだわ。
May君

May君の感想・評価

4.0
狂気 狂愛 偏愛 1981年 僕が14歳の時 素晴らしいです
夫婦の離婚をめぐるドラマかと思っていたら急にホラーになったりアクションになったりジャンルが変わっていく展開がぶっ飛んでて最高に面白い。一本の映画でアートフィルムとジャンルムービーいっぺんに楽しめた感じがして満足度が高かった。
イザベルアジャーニの美しさに魅了された。狂気に取り憑かれたような演技が凄かった。
>|