emily

フェリックスとローラのemilyのレビュー・感想・評価

フェリックスとローラ(2000年製作の映画)
3.3
移動遊園地のオーナのフェリックス。ある日遊園地でさみしい目をしたローラを見つけ一目ぼれ。彼女を遊園地で雇うことになるが、謎の男の出現により、彼女は行方をくらます。再びローラが戻ってきて二人は結ばれる。彼女には娘がいて、クラブ歌手のあの男のせいで娘に会うことができないとフェリックスに話す。謎の男がいなくなればローラは幸せになれると言う・・

冒頭クラブで歌う歌手の生歌から始まる。そこから銃声が鳴り響くのだ。そこで埋められた固定概念を薄く裏切り、ハートフルなラブストーリーに導かれていく。入口と出口は全く別物であり、入り口のイメージで物語を見ていると、物語にそうしてローラにかき乱されてしまう。

謎多きローラ演じるのはシャルロット・ゲンスブール。目元のメイクが濃く、それもまたミステリアスな雰囲気を出している。移動遊園地の華やかな明かりが飛び交う中で、ひと際謎めいたさみしさを纏うローラ。出会いもそうだが、再び戻ってきた後も、青白い中で二人が抱き合い結ばれる過程にも、普遍的な恋愛物語でありながら、どこか生活感や真実味のない、幻想的な描写になっている。

いつもそこに居ながら、存在感が薄く、すぐに手のひらからするりといなくなってしまいそうな雰囲気をミステリアスに醸し出す。脇を固める、クラブ歌手の男や、ゴーカードに何度も乗る中年男性、フェリックスに暴力を働く男性達などのエピソードもまた、サスペンス感を煽り、単純なラブストーリの奥を想像させてる作りになっている。

ミステリアスな女性は確かに男性には魅力的に映るだろうが、それも度を過ぎると、ただ「訳が分からない女」になってしまうだろう。その絶妙なラインを行くローラ。しっかり信頼をつかんだ所で、自分の嘘を明かすところが憎い。フェリックスはローラと反して正直で、不器用だが、そのストレートな愛が彼女を動かす。愛のために死ねるのかという質問に答える時のフェリックスにはリアリティがあり、そこから彼の態度を試すような発言からサスペンスに転ぶと見せかけて、ハッピーエンドに持っていく。

観客の心をもてあそびつつ、そのひねくれた概念を恥じてしまうような結末をたたきつけられるのだ。彼女の初めてみせる笑顔が煌びやかに余韻として光り、二人なら大丈夫という安堵を覚える。