romio

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれないのromioのレビュー・感想・評価

1.5
この映画とは間逆の生活を送っている。
早寝早起きに努めているんだが、もう俺は仏教徒かもしれない。

夜10時寝の朝5時起き。まずこれを思い立つ。
昔から目覚まし時計が嫌いで使わず、よく遅刻を繰り返していたが、最近の野外生活のおかげか狙った時間に起きれるような気がした。
ということで、ちょっとゲーム性を加えてぴった5時にいかに起きられるかを狙うことに。
1日目、5時30分。2日目、5時14分。3日目、5時3分。4日目、4時59分。
起きる前の脳のビリビリ感がハンパなく、この辺りでやめることに。
そして、その次にせっかく寝るなら夢を操る明晰夢をマスターすることに。
その一環として幽体離脱を目指す。
寝る前に、体の力を完全に抜き、考え事を考え事のまま受け流し、ただただ意識だけを保つ。
すると体の浮遊感や、反対に沈みこむ感じを経て、金縛りの状態に入る。
ここで、ビーンという音がした後、体から抜け出せるらしい。
がこのビーンという音、自分の場合は振動音が激しく到底受け流すことができず、失敗。
その後、この寝る前の状態が瞑想に近いんではないかとなる。
瞑想に力を入れる。
無我を知る。
仏教に興味を持つ。
スピリチュアル系の知り合いが増える。
先輩に出会う。
我思う故に我ありすげぇ。
図書館に通う。
哲学に興味を持つ。
神との対話という本を勧められる。
読む。
面白い。
原始仏教なんてのも読む。
仏教マジ面白い。
朝起きて。
読者をし。
畑に行き。
瞑想をし。
寝る。
ほとんど坊さん?
マジ天職じゃねえかと考える。
今日もまた寝る。
おやすみなさい。