ブラジルから来た少年の作品情報・感想・評価

「ブラジルから来た少年」に投稿された感想・評価

タイトルからは想像付かないけど、ナチス残党vsおじいちゃん。そしてSF要素も含んだサスペンス。
出て来る人たちの平均年齢が高めで少年の出番は少ない。その分少年のインパクトは大きく、色々怖い。
ナチスの残党が65歳の誕生日を迎える男性を94人殺す計画をしそれを嗅ぎつけた反ナチの男のお話

「モーツァルトの細胞と女性と技術があれば数百人のモーツァルトをつくれる」
発想○
タイトル◎
ジジイ同士のファイト○
Ryosho

Ryoshoの感想・評価

-
もし公開年に観た人にとっては震え上がるほど不気味なシナリオだったんだらうと思った。

逃亡中のナチス医師メンゲレの大量殺人計画の謎を追う物語

「ローズマリーの赤ちゃん」と同じアイラ・レヴィンって人が書いた同名小説(,76)が原作だけど、登場するメンゲレは実在の人物。本当に南米に逃げてたって
あきらめなさいって
2度目の鑑賞となった。
mstk

mstkの感想・評価

-
2019/10/16
録画にて。
ume

umeの感想・評価

3.4
最初は退屈やったけど、メンゲレ博士の陰謀の目的が分かった時はなるほどねってなった
グレゴリーペックはそんなはまり役じゃなかったな、もっと野望に満ちた悪人ヅラな人がやってほしかった
あと、ドーベルマンの演技力高かった
>|