ken

悪夢の破片のkenのレビュー・感想・評価

悪夢の破片(1998年製作の映画)
-
レイプされた女性が被害の後遺症から自分が冷徹な殺し屋になって、次々と殺人を犯す夢を見るようになり、やがて夢と現実の区別がつかなくなり、彼女の身の回りで危険な事が起こり始める。内容はわかりづらいがアンヌの魅力は全開の作品。