shitpie

THX-1138のshitpieのレビュー・感想・評価

THX-1138(1971年製作の映画)
2.5
ジョージ・ルーカスの野心は感じるものの、映画としての退屈さがそれに勝る、というほど退屈。スター・ウォーズ・トリロジー同様の余計な 3DCG はとにかく興ざめで、それに拍車をかける。

このディストピックな監視・管理社会、というのもルーカスの故郷と父に対する恨みに思える。そう考えると、当時流行していたディストピックな SF の流行に乗ってその恨みを表現しただけ、というような気もする。実にルーカスっぽい軽薄さ。そのオタク的な軽薄さでもって SF とスリラー、サスペンス、ホラーとあらゆるジャンル映画を継ぎ接ぎする様は『新たなる希望』を想起させる。