ほーむず

機械人間 感覚の喪失のほーむずのレビュー・感想・評価

機械人間 感覚の喪失(1935年製作の映画)
-
ソ連の映画。

労働者階級の技術者が労働者のために労働者と同等の仕事ができるロボットを発明し量産する。
でもそれで仕事を失った労働者は反発する、そしてその対策のためロボットを兵器化させて人間VSロボットが始まる。

これのいいところは音楽で操縦するところ。
ぎこちない動きではあるがロボットが踊る。
今ではよくある人間VSロボットはもう1935年に作られてるってすごい。
初期のロボット作品としてはとても好きな部類。

これがDVD化されるというのもすごいところ。