イチロヲ

ジプシーのときのイチロヲのレビュー・感想・評価

ジプシーのとき(1989年製作の映画)
4.0
不思議な超能力を祖母から受け継いだジプシーの青年が、村を離れて出稼ぎしていた同族のギャング団に騙されてしまい、イタリアにて悪党の仲間入りをさせられる。「民族の伝統を守り続けること」についてを語っている人間ドラマ。出演しているのは、ユーゴスラビアに居住している本物のジプシーたち。劇伴がなく、民族音楽だけが流れる。

ポイントとなるのは、主人公が空き缶をほんの少しだけ動かせる程度の超能力をもっていること。人間が物事を論理的に考えるようになる以前の、「神秘と共存していたとき」の名残であることは火を見るより明らか。だがしかし、村の生活では味わうことのできない、新しい刺激を知らされた主人公は、自らの神秘の力を反故にする行動に出てしまう。

異文化圏の人間模様を虚飾なし(コメディ演出はあるが)に描いているため、映像から得られる情報量にひたすら圧倒される。そして、登場人物のキャラクターが非常に濃いため、鑑賞中の人間観察が止まらなくなる。

絶対悪というのは存在していなく、主人公を口説き落とすジプシー・ギャングにも、そうなってしまった事情というものがある。そういうところの描き方も巧妙にできている。

冒頭に登場する、幻想的なジプシーの祭祀が脳裏に焼き付いて離れない。主人公が村を出てから展開される、人間社会との対比を与えてくる効果も担っているのがよく分かる。

鑑賞者の感性に訴えかけてくる、繊細かつ根源的な作品。