chi

身分証明書のchiのレビュー・感想・評価

身分証明書(1964年製作の映画)
4.2
ポーランド映画祭初日の上映にて。スコリモフスキ監督の挨拶付き。ワイダ監督やポランスキー監督との出会いや、ウッチ大学でのエピソードや、映画を撮るきっかけなど、短い時間ながらも聞きたいことは聞けた。

『身分証明書』は、どこのシーンを取ってもものすごく良い。こだわりが持たれながらもすっきりとしていていやらしくないところが非常に私好み。
物の配置の仕方やカメラワークに見惚れた!特に、鏡張りの机に映る登場人物たちの顔に珈琲カップや灰皿が置かれたり、中身がこぼれたりするショットは思わず真似したくなるほどの良さ。震えた。
名匠の第1作目ってなんて見応えがあるのだろう。スコリモフスキ作品の中で一番好きだと思う。