xyz

もののけ姫のxyzのレビュー・感想・評価

もののけ姫(1997年製作の映画)
4.0
生きろ。

本作のキャッチコピーである。
このたった3文字の言葉が観る者、いや観た者に強烈なインパクトと余韻を与えてくれます。

劇中には様々な生き方が描かれる。それは人であったり、もののけであったり、木であったり、神であったりする。
人は山を切り開き、作物を育て、鉄を売り、銃を撃つ。生きるためである。
もののけは木と共に暮らし、神を守り、奪われた住処を取り戻すべく人に牙を向ける。これもまた生きるためである。

本作にはどちらが善でどちらが悪なのか明確な答えなど用意されていない。そもそも善悪で測れるものではないのかもしれないし、人間同士の争いもある。
劇中アシタカの印象的な言葉があります。”曇りなき眼で見定め、決める”この時点でのアシタカは少なからず人間側、もののけ側というスタンスではなくいわゆる中立、もっと言うとどちら側につこうか決めかねているという印象を受ける。そしてそのスタンスは最後まで変わらなかったんじゃないかと思っています。ジブリ作品を全て観た訳じゃないのですが、こういった主人公ってめずらしいんじゃないでしょうか。

また本作は”生”をテーマにしていながら同等かそれ以上に多くの”死”も描かれています。当たり前の事かもしれませんが、そこをきちんと描いているからこそ”生きろ”の言葉が観る人の心に響くのだと思います。”死”を描く事によって”生”を描く、メタファー的構造が素晴らしいと思いました。
大人から子供まで多くの人が大好きと答えるジブリ作品の中でも、際立ったグロ描写と内包するメッセージ性の高さは一際異彩を放っています。

僕が”もののけ姫”を好きな理由を客観的に考えてみると世界観や美術はもちろん、上に書いたような”生”と”死”というシンプルなメッセージを感じ取れたからなんじゃないかなと思います。と、偉そうに書いてみましたが宮崎Dと鈴木Pに”そんなんねぇよ!”と言われそうで内心ビクビクしています。コワヤコワヤ。