カルダモン

もののけ姫のカルダモンのレビュー・感想・評価

もののけ姫(1997年製作の映画)
5.0
首を奪われたシシ神が禍々しいタタリの姿となり森が滅んでいく。なぜ心が痛むのか、ということを心が発する警告は教えてくれる。目の前で滅んでいくものは、我々が生きるために必要なものだということ。

人には人が必要で、獣には森が必要だ。
森と文明、人間と獣は簡単に交わることは出来ないのかもしれない。けれどもこの土地に生まれたのには理由がある。
同じ地に根ざして生きている以上、この土や空がなければ生きることも許されない。
生きながらに領域を侵さず、現状を維持することなど人間には叶わないかもしれないが、存在を知ることができるなら、正しく恐れることもできるはず。
そうして自らの存在と自分以外の存在を知ることで、再生は可能だ。


スクリーンで観るのは97年の公開時以来。地上波なりソフトなりで何度観ていても、圧倒的な表現力に震える。そして今回、漏れ出してくる涙によって音楽の力強さを思い知りました。
あらためて宮崎駿の集大成を見るような、同時に人の営みに根ざす普遍的なドラマ。自然と神々の中にいて、初めて自らが人間であると言葉ではなく思い知らされる。
人と人の争いと同じように、獣同士の対立もまた生まれる。そこに見えてくるのは獣も人間も等しく生きようとする力だ。


現在、全国の各劇場で『風の谷のナウシカ』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『ゲド戦記』の4本が同時に公開中。こんな状況でなければあり得なかったラインナップを前に、迷わず『もののけ姫』を選択。なぜだかわかりませんが、森の風景を体が欲しているような感覚でした。




泣くシーンじゃないと思うけど、枕元に畳んだ服と、葉っぱに包んだご飯を置いてくれたサンの心遣いに思わずウルっと。人間にはこういうことが出来る。タタラ場の女性たちからも素晴らしく元気をもらえました。