もののけ姫の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

上映館(376館)

もののけ姫1997年製作の映画)

PRINCESS MONONOKE

上映日:1997年07月12日

製作国:

上映時間:135分

「もののけ姫」に投稿された感想・評価

陽恵

陽恵の感想・評価

3.9
初めてちゃんと観たけど、面白いなあ
かなり見応えがあって満足しました
あと役者の演技すごかった気がする
次、「旦那いけねぇ!死んじまう!」だなぁって自然にセリフが浮かんでくるくらい何回も見てきたんだってことに、見てる最中に気がついた。兄ちゃんのカラオケの十八番がもののけ姫だった時代もあった。
そういう作品をこの年になって映画館で感じられて幸せだった。ブッチュブチュに鳥肌たった。効果音汚くてごめん。
映画は映画館で見るのが1番だねえやっぱり。
今までも生きてきたから、これからも生きてこっと。
knkne

knkneの感想・評価

5.0
これも何度も観ているジブリ作品である。民俗学的な観点から見ても非常に興味深い一作だ。
自然と人の共生を描いた今作は世界的にも知られる日本のアニメ作品の1つだろう。
ファーストショットから禁足地へと足を踏み入れたかのような緊張感が走る。
モデルとなった白神山地と屋久島の森たち。それぞれの神秘的な雰囲気がそうさせるのだろう。
映画館で観るのは初めてだったのだがシシ神が現れ、歩みを進める時のあの静寂。呼吸さえ憚られるようなあの緊張感が劇場内に波紋のように広がっていった。そんな瞬間がある映画が現在いくつあるだろうか。

感想はもう何度も観てるのでストーリーのざっくりとした説明は割愛させていただく、なおこのレビュー読んでる人も基本観てる人だろうし。

かけがえのない誰かや何かのために彼らは闘う。
村を救ったものの村を追われ帰る故郷をなくしたアシタカ、森と母のため闘うサン、
一族の誇りのため、それが罠であり自らが死へと向かうものだと分かっていて人間へ攻撃するオッコトヌシとその一族たち。
たとえそれが悪であり神に背く行為であっても。
今作のキャラクターたちのどの目線から見るかで正義も悪もまた変わる。
その最たる例であるエボシは今作の元凶とされるので善人、と言い切れるわけではないのだがあのコミュニティの形成、そして統治者としての資質は見事であると言わざるをえない。
その過去に秘密があるのだが自身も奴隷として人身売買され、その後売られた先で倭寇の妻となり、夫を殺害したという。アシタカに「賢しらに僅かな不運を見せびらかすな」と言っていたのもキャラクターの造形に深みが増すしたタタラ場の女性たちに言う言葉にも説得力が生まれる。
部下たちは自分で考えて行動できるしビジョンの共有ができる。戦地には自ら赴き冷静沈着かつ指示も的確。外部の者も迎え入れ、肝も据わっている。自らの責任と失敗の原因も追及でき、それからの捲土重来を感じさせるリーダーシップがある。次は労働環境の見直しもするといい。
業病(ハンセン病)の彼らはタタラ場以外では社会から異端とされ排斥されてきた。その孤独に寄り添い、自分たちを求めてくれたのがエボシである。彼らにとってこれ以上ない喜びだろう。
寝たきりの老人が包帯から涙を濡らすシーンはいつ観ても繋がりの強さと人々の孤独への恐怖を感じさせる。
またジゴ坊及び唐傘衆たちは宮崎駿曰く日本人そのもの、という説明が公開当時のインタビューであったそうだ。
有名な小ネタだがラストシーンに青々とした草原が広がり、再び森のシーンへ移りコダマが一体佇んでいるシーンがある。あれこそが後のトトロである。
世界観の徹底がなされている今作は真似しようとしてもできるはずもない気高さを備えている。
劇場であのシシ神のシーンを体験してほしい。
NOTYETI

NOTYETIの感想・評価

5.0
2020年7月7日(火)

佐久アムシネマ

2020年劇場観賞4作目
KAGURA

KAGURAの感想・評価

5.0
なんやかんや、やっぱりアシタカ派
サンはジブリ1の美女
もののけ姫は全人類が観るべき映画!(観ないという選択肢があるのか?いや、ない)
今、映画館で観れるなんて、人生においての財産になると思います!(必死)
batabata

batabataの感想・評価

4.5
人生において映画館で見た初めての映画が本作だった。当時大きく記憶に残っているのは、夜に闊歩するデイダラボッチへの底知れない恐怖感だった。
20年以上経って再び映画館で見た本作。
ビデオやDVDなどテレビで見てきた時とは全く違う"力"を見せつけられた。
画の力、音の力、声の力。全てが活きいきと繊細に伝わってくる感覚。子供の頃にこんな深い体験をできていた事に驚き。
今しか見れないかもしれない映画館での「もののけ姫」。曇りなき眼で見るべしです。
marisui

marisuiの感想・評価

4.8
映画館で観ると、音が素晴らしく、自然と人間の間で揺れ動くアシタカと、山神様を守ろうとするサンが美しかった。エボシ様は、相変わらず良い女だった。かっこいい。モロの迫力。生きろ。表現力の高さとメッセージ性に触れて、また、宮崎駿監督の作品に出会いたいと思った。公開初日に、父と兄と観て、パンフレットを買った小学生の頃が懐かしい。今、観ると、様々な角度から丁寧に作られていると感じ、尊敬の眼差しで見つめた。友人と、この世界に浸ることが出来て幸せだった。
想像以上に音とか大きな画面ってとこで臨場感あった。水の音凄かった。

ちゃんと話理解したの初めてだったんだけど
人間と自然の決着を本編でつけてはいなくて
こっちに語りかける感じが深くて、考えさせてくれる。

映画館で見るってことが
ジブリのすごさを改めて実感した笑笑
yuhei

yuheiの感想・評価

3.5
人間と自然界、善と悪で括れない感じが素晴らしい。
とにかく久石譲天才。


2020年🎬50本目
しょ

しょの感想・評価

-
20年以上ぶりに映画館で観た。当時は気にならなかったけど、アシタカはカヤから預かった大事なことをためらいもなくサンに渡した、そこが気になって気になって…