もののけ姫の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「もののけ姫」に投稿された感想・評価

joymaru86

joymaru86の感想・評価

5.0
曲、映像、ストーリー、キャラクター、どれをとっても素晴らしい作品。子供ができたら、小学生くらいになったら見せてあげたい。
そんな作品。
深月

深月の感想・評価

-
2016.08.06
今日は金ローのもののけ姫を必ず見る、と決めていて しっかりシャワーも入ってテレビの前スタンバってた。からしっかり見れた良かった。もう何度も見てるからこの次の展開とか分かってるんだけど、何度見ても見入るし息を呑むし興奮する(ジブリ見る度同じこと言ってる)。これがもう19年前の作品か。生まれる前か…。驚くほど色褪せない…。
もののけ姫を改めて見て感じたのは、メッセージ性の強さ。何度も見てる訳だけど18になって見るもののけ姫は一味違って。人間と自然。生きることと死ぬこと。その対比をすごく感じた。人間にしても動物にしても自分たちが生きる為にお互いを傷つけ合っていて、単純にどちらが悪いとは言いきれない。どちらにも命があって命を奪う人間が、動物が、憎い。アシタカは二者の溝を埋めようとしていた。どちらの側につくのでもなくて 両者が自分たちの世界で上手く生きていく方法は無いのか、と。人間でありながら山犬に育てられサンはそのアシタカに最も近い人間だったのかもしれない。
人間にもなれず、山犬にもなりきれぬ、哀れで醜い、かわいい我が娘だ!というモロの言葉が印象的だった。宮崎駿さんは「多分サンに対して 人間の姿をしているお前は醜いとあけすけに言っている。モロはそういうお母さんだ。」と語っていた。「そなたは美しい」とアシタカに言われた時のサンの驚いた表情にはこんな背景があったのか。改めて…深い。
いつもは エンドロールははじっこの超早回しで済ませる金ローだけど、今回は最後の最後までがっつり流してた。そうなんだよ!!そこなんだよ!!終わったあとのエンドロールの中で主題歌を聴きながらゆっくりと余韻に浸る。ハッピーエンドなのに はー!楽しかった!面白かった!じゃなくて、ううーん。と唸ってしまう。それはアニメ映画でもジブリにしか無いもので、日本の誇る宮崎駿という男の作品なんだ と思う。また大人になってから見なくては。
Ono

Onoの感想・評価

4.0
日本らしさを感じるアニメ映画。神獣や神様が多く登場する。アシタカとサンの2人の関係や世界感が素敵。戦闘シーンや宮崎駿監督特有の感情の表し方のタイミングがよくて鳥肌が立ってしまう。設定が設定のため重い話にはなるがいろいろと考えさせられるものだった。
ba

baの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ジブリ映画の中で一番好きな作品。
笑えるところも無いし、残酷な描写も多くて、公開当時は怖かった。
けれども子供心に荒々しい情熱を感じて、大人になった今見てもそれは変わらず。
悪役だと思っていたエボシも実は人間味あふれるいいヤツで、理想のリーダー像だったという再発見も。
終わり方もいい。2人は結ばれるわけではない。それぞれに生きる。
制作ドキュメンタリーもDVD化されているので、そちらも一緒に見るのをオススメしたい。
色々考えさせられるものって印象です、
人間嫌い!ってなりつつ
でも、悪いやつでもないのかもしれないってかんじです
ダイキ

ダイキの感想・評価

5.0
日本映画史に残る最高傑作。映像、音楽、脚本、テーマ、全てが完璧。
ucocinema

ucocinemaの感想・評価

3.0
何度も観てるのに最初から最後まできっちり観てないかも。と言う気がしているだけで実際は観ているとも思う。
ジブリの中で、何故かそこまで入り込めない作品。何故かな。なんだか、私にはしっくりこない。
なはは

なははの感想・評価

4.5
ジブリの中で一番何十回もみた一番好きな作品
アシタカはクズだけどジブリ史上最高の男だと思います。
世界観も音楽も素晴らしいですほんとに
peco

pecoの感想・評価

4.3
初めて映画館で見たジブリ作品。

とにかく真似したいセリフが多いですね。
一番好きなのは「どいてくれ」です笑

日本男児はアシタカみたいにならんとダメですね。
maniacchef

maniacchefの感想・評価

4.8
公開当時、宮崎駿最後の作品と銘打たれていたのですが、あれは誰がついた嘘だったのだろうか。それとも最後にしようという意気込みで作っていて、いざ終わったらまた作りたくなって早々と撤回したのだろうか。
映画版ナウシカと同じく、嵐が過ぎて結局問題が棚上げのまま終わった気がします。また通しで観たい。