もののけ姫の作品情報・感想・評価 - 620ページ目

上映館(376館)

もののけ姫1997年製作の映画)

PRINCESS MONONOKE

上映日:1997年07月12日

製作国:

上映時間:135分

「もののけ姫」に投稿された感想・評価

you1538

you1538の感想・評価

5.0
ナウシカに通ずるメッセージ性。
何回見ても、人間と自然との共存について、強烈に考えさせられる。

中立的で、何をも恐れず立ち向かってゆく絶対的な勇者アシタカ、最強にかっこいい。
(但し、カヤはどうするんだ⁉︎)

それに次ぐおトキさんの勇敢さ。

名言がたくさんある。
カッコいい台詞はどれも印象深いが、
個人的には「食べていい?」が好き。

ジブリの中でも音楽が飛び抜けていい。
石田ゆり子の声がよい。
ジブリってほんとに声がいいよね。

子供の頃にはわからなかった
自然との共存の難しさ
もちろん自然は大事だけど
一度壊してしまったもの手に入れてしまったものを手放すのは容易くない
holaemir

holaemirの感想・評価

3.6
小学生の時にロードショーで見て以来、1年に一回くらいは金曜ロードショーなりで目にしていた映画。
いつのまにかジブリで一番好きな映画は?と聞かれるともののけ姫!と答えるようになっていった。

なぜもののけ姫が好きなのか考えてみた。
ずっとアシタカがかっこいいから、という不純な理由かと思っていたが、大人になって見返してみるとアシタカは案外チャラい色男であり、一途な男性が好きな私からすると(聞いていない)ちょっと好みの男性からはかけはなれているようだ。
アシタカが理由でないのなら、なぜ惹かれるのか。

好きな理由。それは最後の場面でにあった。
人間が何度過ちをおかしても、自然は人間の力を常に超過していて、人間はただただ自然の中で生かされているのだという事実を映像化する努力を作り手が怠らなかった、その点に感動したのだと思う。

まあ、アシタカはやっぱりかっこいいのだけど。
Haruka

Harukaの感想・評価

4.0
ぞわぞわと、何かが襲ってくる
得体の知れない何か、

彼女たちは一体何と戦っているんだろう、
シシ神の呪い、だけど、人とのしがらみ

神は本当に神だったのかもわからないけれど
悪はたしかに悪だった


アシタカが必死にサンを守る姿がかっこいい!
モロの最期はとても切なくて、
だけど感じるものは愛だった
YUKI

YUKIの感想・評価

4.0
名作!
アシタカ最強すぎる!笑
とっても深い作品で、いろんなこと考えさせられた!
でもやっぱりアシタカ最強!笑
nanami

nanamiの感想・評価

4.5
ジブリの中でかなり上位に入る作品です。子供の頃はただの戦いかと思っていたものは人と自然がどう共存していくかという今にも通ずる問題なんですよね。
みさと

みさとの感想・評価

5.0
一番好きです!世界観!
狼?動物とコミュニケーションをとれるなんて夢!
それに人間が森を支配することで起きる事態、なにか考えさせられる
Umi

Umiの感想・評価

5.0
何度も何度も見ました。
人間ももののけも、登場人物がみんな素敵です。ラストも見入ってしまう美しさ。
ジブリの中で一番好きな映画。世界観が好き。登場人物みんなに魅力があった。
Citron

Citronの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

お母さんが言ってた。人間ももののけもどちらも悪くない。生きようとする点では。