夢子夢男

首だけ女の恐怖の夢子夢男のレビュー・感想・評価

首だけ女の恐怖(1981年製作の映画)
5.0
ある意味『ザ・レイド』よりも超ド級の衝撃と底力をみせつけるインドネシアのNeverブッ飛び映画。

黒魔術研究の為バリ島へやって来たつもりが黒魔術女王のババアに弟子入りして空飛ぶ首だけ女(ぷらんと内臓付き)にメタモルフォーゼを遂げたアメリカ人のキャシー+黒魔術女王vs.キャシーと恋仲現地人のチョビ髭青年ヘンドラ+胡座で空飛ぶ正義の小太り呪術師のお話。

キャシーが基本常に爆笑してる黒魔術ババアと一緒に爆笑したり踊ったり豚や蛇に変身したりしながら黒魔術をマスターし、いつの間にか女王に操られ首だけ女として空を飛び夜な夜な村人の血を吸い漁る
「キャシー、黒魔術女王に弟子入り・首だけ女デビュー編」の前半パートも見所満載だけど、
投げっぱなしジャーマンの如くなオチに向けて繰り広げられるクライマックスの善と悪と愛と憎と急に出てくる知らない奴と手描きアニメと特撮が入り混じる大チープ地獄絵図の魔法バトルにもう涙する。

凄すぎる。
どうして「首だけ」女は内臓ぶら下げながら空を飛ぶんだろう。
どうして生きてるネズミを2匹程吐いてしまったキャシーに対してヘンドラは「食あたりかな」と言うのだろう。
どうして首だけ女が3人の生き血を吸ったら黒魔術ババアは不死身ババアになれるんだろう。
どうしてラストで上裸の知らないおじさんが指からビーム出してるんだろ。
あぁもうこいつは気合が違う。
円谷作品とB級香港映画と『妖婆 死棺の呪い』と『死霊のはらわた』あたりが混ざったようキッチュなおどろおどろしさと「これが正解だ」と言わんばかりの歪んだ気合。
もう自分はこの映画に多少の眠気と溢れる愛しかない感じない。