フレスコの傘

サベイランス・コードのフレスコの傘のレビュー・感想・評価

サベイランス・コード(2006年製作の映画)
2.5
初犯者の再犯防止を目的とした保護観察プログラム参加のため、ショッピングモールの警備係への就労を言い渡されたデニス。警備責任者ハーレイから仕事を叩き込まれる日々が続くが、次第にハーレイの言動に不審な点が目につくようになり…。

アーマンド・アサンテが好きなので観たが、アサンテのサイコぶりがひたすらうざったいだけの映画であった…。いやアサンテ爺はカッコよかったけども!

ショッピングモールが舞台というのは良いし、恐怖感を煽るマネキンの使い方なども上手い。しかし、全体的に盛り上がりに欠ける内容になっており淡泊な味わいしか残らないのだ。ラスト30分からは異様な盛り上がりを見せつけてくるがもはや後の祭。このテンションを最初からキープ出来ていればそれなりの作品になっただろうになあ。

ま、デニス役のニック・コーニッシュが意外とカッコよかったのでそれはそれでよしとしよう。