プレイタイムの作品情報・感想・評価

プレイタイム1967年製作の映画)

PLAYTIME

上映日:2014年04月12日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.0

「プレイタイム」に投稿された感想・評価

これを2時間観れたの私すごいや。
近未来都市パリでの日常風景を切り取ったコメディ…らしいのだけど、カメラに映るキャラクター達や生活音、話し声、精巧で統一された街の風景がちょっと気持ち悪い。無機質な色彩で統一されているのもさすがフランス映画。
一つ一つ切り取られた日常風景を客観的に観てみると、不気味でシュール。これをコメディと呼ぶ意味もなんとなく分かります。
特にセットの緻密さは素晴らしい。1967年に本作が完成していて、その翌年に「2001年宇宙〜」が完成している。ひょっとすると「2001年」より精巧な映画なのかもしれない…
nknskoki

nknskokiの感想・評価

4.7
色々しててフィルマークスご無沙汰してました💦
凄まじい映画を観たので1ヶ月ぶりの投稿にふさわしいレビューにしたいです

ジャックタチ監督の集大成
およそ1100億円かけてパリに都市を創って撮影したという、ジャックタチが文字通り"本気を出した"というこの映画

フランスのパリと聞いてすぐ思い浮かんだのが建築家コルビジェの提唱した「ヴォアザン計画」や「輝く都市」
の実写版のようなガラス超高層ビル群
メタリックな内装もとても私好みでジャックタチ監督ってもしかして名建築家なのでは?と思ってしまうほど
少しコルビジェに影響されてるのかな?
…おっといかん、俺の建築ヲタクの部分が少しアンニョハセヨしてしまった

構図の美しさやあいかわらずの爆笑シーン連発で難しい映画が嫌いな人にも是非オススメしたい内容
特にガラスの使い方は印象的

あー、久々に映画で大爆笑した🤣
moto

motoの感想・評価

5.0
満点です。

本当に画面内が大騒ぎになるほど、小さな笑いの要素、もしくは「事件」?「事故」?というべきなのか、それが次から次へと重なり画面上に映り込むから一時の気の緩みもできない、常に画面では「何か」が飽和している状態であった。それはうるさいと捉えるのか、豊かであると捉えるのか、それは見るもの次第であるしもしくはそもそも各シーンごとで違ってくるのかもしれない。自分でもわからない(笑)

前半部分の高層ビルを舞台に主人公が迷いこむ一連のストーリーで高層ビルのほぼ真透明なガラスながらも内外が物理的に遮断され、外界から遮断された均質でかつ絶対的な空間の反復、そして壁を隔て相対している位置関係にありながらもお互い壁面上のテレビを見ている描写であったりなど、近代建築のみならぬ技術の高度な発展を背景とする近代社会に対する皮肉をユーモアを交えて見せてくれたのではと感じた。

ただ、タチは決して消極的な態度を抱いていたわけではない、社会は、この世界は時代とともに前進していってしまうが、その先は決して恐ろしいことではない、きっと明るい未来があるはずだ、という願いともとれるような描写がクライマックスの一連のシーンとその音楽が示してくれたと私は思っている。

全編を通して彼は自身の遺作であるということもあり、ふんだんに、彼自身のこの世界に対しての愛とそして憧憬を表現したかったのではないか。大金をつぎ込んでTati-Villeという巨大なセットをつくりそこでかれは彼なりの世界への愛と憧れを画面いっぱいになるように詰め込んだのだと僕は感じました。

それが僕に伝わったのか、自然と笑みがこぼれでてくる楽しい映画でした。
人生ベスト級。
マジモンの狂気。
冒頭数分のカットが何を語ろうとしてるのか全然分かんないのに異常な完成度の構図。
この調子で二時間だったら発狂するとこだったけどユロ氏が出てからは落ち着くので安心する。

ずっと町を映していたのに最後の最後で空にカメラが行くのがエモい。泣く。
ミシマ

ミシマの感想・評価

4.5
20年ぶりくらいに見返して、やっぱり好き。
KanKawai

KanKawaiの感想・評価

5.0
1967年作品。撮影日数345日。総制作費15億フラン(当時のレートで約1093億円)の大作。会話なしのシチュエーションで笑わせるアイデアと技術。美しい瞬間の数々。何度も見たい映画。
zhou14

zhou14の感想・評価

-
あまりに変わった映画で、まだ整理が出来ていない。自分の記憶を確認するため、批評などをネットで読んで見たのだが、知りたい事は出ていなかった。巨大なロケセットなのは一目瞭然なのだが、人物のパネルはナンだろう、書き割りのセットバックにパネルの人物、バスの中にもパネルの人影。不思議過ぎて、くだらな過ぎて頭が痛くなった。
2014/05/02
Mitsunoir

Mitsunoirの感想・評価

3.7
途方もなく長い廊下とかパントマイムとかいいと思ったシーンはあれど、レストランなるまで別に面白くない割に長い、むしろ焦ったさしかなかった。変に興ざめしちゃって後半も笑えなかった。強引に踊りに持って行きました〜感も否めない、まぁストーリーなんてないんだろうけど。あとなんか喋ってる割に字幕少なくね。

まぁジャック・タチの映画作りに対する姿勢みたいなものは素晴らしいと思った。この作家性の強さ。それがちょっと自分には合わなかったのかもしれないが。
DarcyAnam

DarcyAnamの感想・評価

4.5
人が多過ぎて凄い。あの椅子のシーン大好き。
11月4日はフランスが誇る喜劇作家ジャック・タチ監督の命日。
今日で没後35年目を迎えます。

タチの長編4作目に当たる「プレイタイム」は途方もなく莫大な私財を投げ打って完成させた彼の最高傑作であり、
近未来のパリを舞台にユロ伯父さんが右往左往するドタバタ喜劇。

長年の構想と制作時間を費やし、高層ビルが建ち並ぶ近代都市や巨大な国際空港など、すべてをセット上で作り上げてしまったタチの熱量よ!
その中で縦横無尽に行き交う群衆の動きはまさに圧巻であります。

高度にシステム化した画一的な国際都市は無機質な灰色一色に覆われ、
ビルもマンションもすべてガラス張りで透視化された世界。
ここで繰り広げられるパントマイム劇はタチの映像マジックにより、
近い未来に起こりうるエスプリの喪失を小気味良く紡いでゆきます。

しかしその透視化されたガラスはある種の潜在的な"意識の壁"として階級や身分や人種を隔て、
本編では人々を惑わす重要な装置としても取り入れられています。

しかしひょんな弾みでユロ伯父さんがガラスを粉々に砕いてしまった瞬間、
停滞していた淀みは一気に大きなうねりと化し、人々は色彩と活気を帯ながら混沌とした大団円へと突き進んでゆくのです。

開店したての高級レストランではアメリカ人の豪傑な実業家が主導となり、
ドイツ人の営業マンもフランス人のユロ伯父さんもアメリカ人の観光客も皆が仲良く飲み交わす"会員制クラブ"が突如誕生。
このWW2の三つ巴が融和し、更に黒人の演奏で国際色豊かに入り乱れるフロアも戦後の真の"ボーダーレス化"を象徴的に印象付けます。

騒がしく過ごしてきた1日も終わり、ラストでは遊園地のように賑やかな街が全貌を現します。

そして我々は本編を通して、そこに確かに存在するフランス魂"エスプリ"発見の旅に出ていたことに気づかされるのです。
>|