プレイタイムの作品情報・感想・評価

プレイタイム1967年製作の映画)

PLAYTIME

上映日:2014年04月12日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.0

「プレイタイム」に投稿された感想・評価

これを2時間観れたの私すごいや。
近未来都市パリでの日常風景を切り取ったコメディ…らしいのだけど、カメラに映るキャラクター達や生活音、話し声、精巧で統一された街の風景がちょっと気持ち悪い。無機質な色彩で統一されているのもさすがフランス映画。
一つ一つ切り取られた日常風景を客観的に観てみると、不気味でシュール。これをコメディと呼ぶ意味もなんとなく分かります。
特にセットの緻密さは素晴らしい。1967年に本作が完成していて、その翌年に「2001年宇宙〜」が完成している。ひょっとすると「2001年」より精巧な映画なのかもしれない…
teraishota

teraishotaの感想・評価

5.0
蛍光灯のチリチリいう音とか空調のノイズとか偏執的な音へのこだわりに耳を奪われる、最高の音響で見たい映画
ことごとくタイミングがずれて、それが笑いに昇華していく感じが良かった。ドタバタかつスラップスティックな感じだった。
daaamatsu

daaamatsuの感想・評価

3.9
映画で無いような映画。
公園や空港のベンチに座ってボーっとしてる時に視界に入る人々の動きを見ているような感覚。そんな誰でも普段見かけるような何ともない風景だけど、構図がとにかく秀逸。

センスは抜群だけど、特別な起伏も無く、終始一定の空気感な故、睡魔との戦いでした。オシャレ自己顕示欲高めな人に勧めてあげてください。
イズミ

イズミの感想・評価

4.0
一見SF、ドリフターズコントのような不思議な雰囲気
英語もフランス語も日本語もでてくる
なんなんだろう都市生活での人間の動きから一人一人の人生までクローズアップしていくとコントのようなものということなのか

オシャレだなーと観ていたら、途中のナイトクラブでどんちゃん騒ぎ!もはや90年代レイヴ!室内音楽からのモダンジャズ、ラテン音楽とビートが止まらないのがディスコでありクラブのよう
私のAIに対するそれと似ているかも

見たことないから新しいわけじゃなくて、いかにも新しい顔をしてるから新しい!

画面がずっとパレードしてる
パリにやって来た中年男性が、不慣れな大都会のシステムに翻弄させられるうち、パリ市民の観察を続けているアメリカ人観光客の女性と知り合う。文明社会をシニカルに描いている、風刺コメディ。

「ぼくの伯父さん」があまりピンと来なかったので、ジャック・タチに苦手意識があったのだが、名画座における「ウイークエンド」(ゴダール監督)との同時上映に駆け込んだのが勿怪の幸い。それ以来、すっかり本作の虜に。

忙しない日常を送っているロボットのような人間たちを淡々と描き、あらゆる場所で発生するプログラムエラーをお笑い要素に転換させていく。パリ市民を人間観察するアメリカ人観光客は、野生動物を観察するジャングルツアーの比喩になっている。

後半部に入ると、社会の縮図となっているナイトクラブが舞台の中心になる。そのカオスぶりは「モンティ・パイソン」の第4シーズンあたりに収録されていても違和感がないほど。また、同じテーマを扱っていることもあり、何となくヤコペッティの臭いがするあたりも興味深い。
完璧なコンポジション。No,1
青山

青山の感想・評価

3.5
ジャック・タチ3本目。

パリの街を舞台に人々の生活を描いた群像劇......というよりは、年の風景をデッサンしたショートコントみたいな。例によってストーリーはなく、街自体が主役といった印象でした。
というのも、この作品に出てくるパリの街ーー空港やガラス張りのビルやカフェやオフィスーーは全てタチが作ったセットなのだそうで。そこで画面の真ん中から隅の隅までカメラに映る全ての人がきちんと細かい演技をしている光景は、映画というより緻密な構造物といった方がいいかもしれません。
もちろんいつもながらの小ネタも盛りだくさんなのですが、ここまで来ちゃうと映像の美しさに圧倒されて笑うに笑えなかったです......。

そんなわけで、ストーリー重視の私からするとストーリーない映画って途中でしんどくなるなぁと思いつつも、休憩挟みながらなんだかんだ全部見ちゃうくらいには映像に引き込まれました。
いつか私がお店を開いたら店内でこれ流すんですよ。
>|