プレイタイム(1967年製作の映画)

PLAYTIME

上映日:2014年04月12日

製作国:
  • フランス
  • / 上映時間:125分
    監督
    ジャック・タチ
    脚本
    ジャック・タチ
    キャスト
    ジャック・タチ
    バーバラ・デネック
    ジャクリーヌ・ル・コンテ

    「プレイタイム」に投稿された感想・評価

    これを2時間観れたの私すごいや。
    近未来都市パリでの日常風景を切り取ったコメディ…らしいのだけど、カメラに映るキャラクター達や生活音、話し声、精巧で統一された街の風景がちょっと気持ち悪い。無機質な色彩で統一されているのもさすがフランス映画。
    一つ一つ切り取られた日常風景を客観的に観てみると、不気味でシュール。これをコメディと呼ぶ意味もなんとなく分かります。
    特にセットの緻密さは素晴らしい。1967年に本作が完成していて、その翌年に「2001年宇宙〜」が完成している。ひょっとすると「2001年」より精巧な映画なのかもしれない…
    kny
    4.2
    後半畳み掛けるようにコミカルで好き
    た
    4.0
    『ぼくの伯父さん』で心鷲掴みにされてしまったのでまたまたジャックタチ作品。
    kana
    3.6
    要所要所でクスッと笑える!画面構成、音響もシンプルでかっこいい。全てを字幕翻訳してないのも乙だなあと。
    宇京
    4.0
    感動した!
    いまだに追いつけないジャック・タチ「プレイタイム」

    1967年にこんな映画を撮ってしまったタチはエリッヒ・フォン・シュトロハイムと並ぶ大怪物ですね。イマジネーションのスケールが桁違いです。もし異星人が人間世界のプレイタイムを見ればどの国もこんな感じに見えるかもしれません。今から100年後に最新映画として公開されても追いつける観客は少ないかもしれません
    え
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    大人が子どものよう。大人みたいな子どもなのかも。

    どのシーンもジャック・タチの世界が広がっていてまさにおもちゃ箱のよう。ユロおじさんはもちろん、どの登場人物もどこかおかしいけど憎めない…色彩が淡くて統一感がある画面がすてきです。
    プレイタイム=遊びの時間

    音、映像を通して様々な遊びが施されている映画

    クスッと来る場面は、どんなに勢いよく閉めても音のならない扉
    みそ
    4.3
    タチ作品の中でも特に音響が抜き出て面白い。

    ショーケースの中のコント
    これ学校で見たっけ?だれかー!
    >|