プレイタイム(1967年製作の映画)

PLAYTIME

上映日:2014年04月12日

製作国:
  • フランス
  • / 上映時間:125分
    監督
    ジャック・タチ
    脚本
    ジャック・タチ
    キャスト
    ジャック・タチ
    バーバラ・デネック
    ジャクリーヌ・ル・コンテ

    「プレイタイム」に投稿された感想・レビュー

    ユキユキ
    ユキユキの感想・レビュー
    2016/11/26
    3.9
    これを2時間観れたの私すごいや。
    近未来都市パリでの日常風景を切り取ったコメディ…らしいのだけど、カメラに映るキャラクター達や生活音、話し声、精巧で統一された街の風景がちょっと気持ち悪い。無機質な色彩で統一されているのもさすがフランス映画。
    一つ一つ切り取られた日常風景を客観的に観てみると、不気味でシュール。これをコメディと呼ぶ意味もなんとなく分かります。
    特にセットの緻密さは素晴らしい。1967年に本作が完成していて、その翌年に「2001年宇宙〜」が完成している。ひょっとすると「2001年」より精巧な映画なのかもしれない…
    dodo
    dodoの感想・レビュー
    2日
    4.5
    朝と夜の色味がとてもすきです。
    ドタバタで、間抜けでユーモラス。
    外から丸見えのあの家はまるでショーウィンドウ。生きてるマネキンみたいで、楽しい。
    家具や、インテリア、建物のつくりが、とても印象的で、ひかれる。
    平和なんだなぁ。日常なのに、非日常的な世界。ロイ・アンダーソンの世界もすきだけど、タチもすきだなぁ♪
    ネット
    ネットの感想・レビュー
    3日
    4.8
    大好き。
    前半は面白いと思わないけど、延々と灰色の壁とガラスしかない近代都市のルックスが眼福。
    パーティーになると、人口密度も高まってか笑いもエスカレートしてくる。そのくせ最後にしれっとロマンを入れてくるんだもんなあ。ラストの遊園地の見立ても最高!
    まこーれー
    まこーれーの感想・レビュー
    2017/05/12
    3.1
    きれい
    natsu
    natsuの感想・レビュー
    2017/05/10
    4.2
    初ジャック・タチ。
    茶目っ気たっぷりの笑いが盛り沢山。
    椅子ごと倒れるシーンで一番笑った。

    近代的な街並みは、なんとなんとオールセット!!!!制作費100億円。
    全面 ガラス張りの建物が印象的。

    大真面目に画面凝視しないでたまにチラチラ見るだけでも面白い。

    DVD欲しいタイプの作品。
    おかゆ
    おかゆの感想・レビュー
    2017/05/03
    5.0
    やっぱ、ジャックタチ天才だと思う些細な笑いを良いタイミングで入れてくれてじわっとくる。画が全部可愛い好き。何回でも観たいな
    まさなつ
    まさなつの感想・レビュー
    2017/04/28
    3.6
    ジャック・タチはやっぱり、茶目っ気たっぷりでお洒落!

    フランス映画史上の大作、、、と聞いていたのですが、見てみて、どこが大作なの?と不思議に思いました。
    なんと、これすべてセットだと後から知り、、なるほどです。

    話らしいものはなく、パリの街中の雑多な人々の姿を、画面のあちこちに小ネタを散りばめて描いています。観る人がそれに気付こうが気付くまいがおかまいなし。ベタなのかセンスが良いのかも、よく分からない。でも、なんだか凄いものを観てる気もする。まか不思議な映画。
    ホテルのガラスのドアーのシーンが、個人的には一番笑えました。

    それ程お金をかけなくてもつくれそうな作品ですが、こだわり抜いて、その後借金まみれで作品を作れなくなった監督の心意気には打たれます。

    ちょっと長いですが、一見の価値はあります。
    Shio
    Shioの感想・レビュー
    2017/04/26
    4.2
    こんな映画初めて見た 永遠に見てられる
    邹启文
    邹启文の感想・レビュー
    2017/04/25
    -
    採点不能、参りました
    次は老後で会いましょうね、その時きちんと採点つけます
    全編35ミリレンズの全景ショットだけで作られた超大作
    >|