プレイタイムの作品情報・感想・評価

プレイタイム1967年製作の映画)

PLAYTIME

上映日:2014年04月12日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.0

「プレイタイム」に投稿された感想・評価

これを2時間観れたの私すごいや。
近未来都市パリでの日常風景を切り取ったコメディ…らしいのだけど、カメラに映るキャラクター達や生活音、話し声、精巧で統一された街の風景がちょっと気持ち悪い。無機質な色彩で統一されているのもさすがフランス映画。
一つ一つ切り取られた日常風景を客観的に観てみると、不気味でシュール。これをコメディと呼ぶ意味もなんとなく分かります。
特にセットの緻密さは素晴らしい。1967年に本作が完成していて、その翌年に「2001年宇宙〜」が完成している。ひょっとすると「2001年」より精巧な映画なのかもしれない…
これはこれはお代官様

どれを取ってもエスプリが効いていて参りました
音も笑えるから大音量またはヘッドホンがオススメ

まさか監督が主演だったとは
なんとなくカフカの『アメリカ』みたいな印象。レストラン(?)での間の抜けた行為の積み上げがいちいち最高。
猫のような受け身のエロティシズム
s

sの感想・評価

4.0
最初は不要なカットが多めだなと思ったけど、後半から 些細な街のシーンも何気なく動いてて、少しずつ変わる
その変化が面白かったし、レストランからラストまでワクワクしながら観れた
4050000

4050000の感想・評価

4.3
はじめてのジャック・タチ。

とっても音楽的な映画
……ていうか、これは
目で観る音楽、だと思う☺︎︎
ジャック・タチ監督作品。
『ユロ氏』シリーズ第三弾。
個人的には、やっぱり第一弾『ぼくの伯父さんの休暇』が『ユロ氏』シリーズでは、突出していい。
>|