イチロヲ

血まみれギャングママのイチロヲのレビュー・感想・評価

血まみれギャングママ(1970年製作の映画)
3.7
生活困窮の危機に立たされた夫人が、性格が異なる4人の息子を引き連れて、強盗を繰り返しながらの逃亡生活に出立する。1930年代のアメリカに実在した強盗ファミリーの物語を、ロジャー・コーマン自身がメガホンを取って映像化した作品。ロジャーはこのファミリーのことが余程好きだったらしく、姉妹編ともいうべき作品を、さらに2本製作している。

表面上ではおバカ映画の雰囲気が滲み出ているが、実質的にはアメリカン・ニューシネマを基礎にした、至極真っ当な犯罪映画。

同性愛者・暴力主義者・敬虔主義者・ドラッグ中毒者という顔ぶれの息子たちを、シェリー・ウィンタース演じる肝っ玉母ちゃんが統率する。この歪な家族像の描写が、他作品を寄せ付けぬほどの妙味をつくっている。

荒廃したアメリカ社会が如何にして築かれていったかという過程を、実録フィルムを通して解説するのが面白い。しかし、全体的に社会風刺の「取ってつけた感」が強いため、胸に迫るほどの気持ちにはならない。このあたりが、B級の帝王たる所以。

若かりし頃のロバート・デ・ニーロが息子のうちの一人を演じている。監督いわく、デ・ニーロは撮影のために車を無免許運転したり、断食することで衰弱した身体をつくったりしていたらしい。この人はブレないなぁ。