風に濡れた女の作品情報・感想・評価

「風に濡れた女」に投稿された感想・評価

GentaEndo

GentaEndoの感想・評価

3.5
間宮夕貴よい。堂々。体張ってた。
kyo

kyoの感想・評価

3.1
うーん、よう分からん内容でした。
アクションロマンスポルノってジャンルがあるならそれなのかなー
これで、色んな監督が新しく手掛けたロマンスポルノ企画は全部観たと思う。
それぞれクセが強い!
sokoniru

sokoniruの感想・評価

3.5
映画でなく、演劇ぽかった。
良作だけどとにかく、ヒロインの女が鼻についてどうしようもなかった。

セックスに勤しみ、お互い繋がりながら朝食を食らうシーンは蘇る金狼の松田優作と風吹 ジュンのそれと重なった(蘇る金狼には勝てない)。

というかあんな本能むき出しのまま性欲と食欲をお互い満たすシーンがエロではなく、人間の日常を当たり前のように映していてむしろナチュラルで衝撃的。

"You need tissues for your issues"
www
MICHI

MICHIの感想・評価

2.0
小屋大破
ウケる。
しゃび

しゃびの感想・評価

3.5
日活ロマンポルノ45周年のリブート企画内作品。

そもそもこの企画に、日活ロマンポルノ時代の問題児であるパロディアス・ユニティ組がラインナップされてること自体が非常に感慨深い(同じサークル出身の黒沢清は当時、『女子大生 恥ずかしゼミナール』という作品を納入拒否されたことがある)。

今回の企画としては非常にバランスの良い作品だと思う。冒頭の自転車のシーンは言うまでもなく感動ものであり、小道具を上手く映画的な文法に組み込んだ良作に仕上がっている。一方で、日活ロマンポルノの鉄則である「10分に1度の絡みシーン」なども、形だけでなくきちんと企画の意に沿う形で守っている。れっきとしたポルノ映画である。監督の優れたバランス感覚が活かされた作品となっている。

それにしても大手の映画製作会社で若い映画監督を育成できるシステム、今こそ復活して欲しい。
koocky

koockyの感想・評価

2.5
ポルノ描写よりも演劇臭が鼻についた
いや、そんな批評自体がナンセンスか
ん

んの感想・評価

3.1
女性でも映画として楽しめると聞き
”どろろ”の塩田明彦監督の今作でロマンポルノデビューしてみたものの……私にはまだ早かった…難しい…でも、所々ふふって感じでした

なかなか手を出しづらいジャンルだけれど見やすくてはまる作品もあるんだろうな…
kenken

kenkenの感想・評価

3.5
海に突撃する自転車!!
男女の欲の駆け引き!
理性と本能!

普段見れないものを垣間見れた気がする。
青猫

青猫の感想・評価

-
Sex格闘技
>|