こちんだ

雲のむこう、約束の場所のこちんだのレビュー・感想・評価

雲のむこう、約束の場所(2004年製作の映画)
3.3
戦後、津軽海峡をはさんで南北に分断占領された日本を舞台に、同じ中学に通うひろき、たくや、さゆりの物語。
北海道はロシアに占領されていて、 1956年にユーラシア大陸の全共産国家を統合する「ユニオン圏」に統合され、1975年に南日本との国交を断絶したらしいですよ。

映画の前半は3人の平凡な日常を楽しむものかと思えば、後半は塔を爆破しにいくという中二病全開の展開でビックリ。

夢の中ではさゆりはひろきの事を凄い好きなのに、夢から覚めたらひろきのことを「ふじさわくん」って苗字で呼んでて、恋も冷めちゃったんだなーって切なくなった…