Souma

雲のむこう、約束の場所のSoumaのレビュー・感想・評価

雲のむこう、約束の場所(2004年製作の映画)
3.5
学生青春物語にSF設定を足した世界観。
友情と恋愛を描いてる。佐由理を救う為に、中学の頃にした約束を果たすために、浩紀と拓也の二人がもう一度約束の場所を目指す。

新海さんの絵の感じは今と比べて少し古く感じるかもしれないけど、背景はこの頃からものすごく凄く綺麗で、とても美しい世界が広がってる。

映画としては、テンポが単調で、ストーリーに起伏がない上、SF設定が少し凝ってるので、作品としては物凄く入りづらい(僕は新海作品っぽさがあって好きなんだけど)。
古い新海作品が好きじゃないと、観ていて面白くないかもしれない。
ただ、今見直してみると、佐由理と浩紀が夢の中で再開するシーンは、思いっきり『君の名は』の名シーンとフラッシュバックする。『君の名は』が好きで、昔の新海作品を見るなら、この作品が一番原点っぽい感じはするのでおススメ。