にゃんぷー

雲のむこう、約束の場所のにゃんぷーのレビュー・感想・評価

雲のむこう、約束の場所(2004年製作の映画)
4.1
新海誠渾身の一作。
ノスタルジックな情景の数々に思わず息を飲む。冬の空気感とかこちらまで伝わってくるようだった。光の使い方がべらぼうに巧い。第1幕のラストのフレアとか失禁レベルだ。

「もしかしてハッピーな作品なのかな?」と思っていたら、実はラストのその後をアバンに持って来るという罠を仕掛けていた。やっぱり新海誠だ。
とはいえ本作に限った話では無いけれど、新海作品をひとまとめにバッドエンドと言い捨てる輩どもは、どれだけ歪んだ感性をしてるのだろうか。気が知れない。