好きになるその瞬間を。 告白実行委員会の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

好きになるその瞬間を。 告白実行委員会2016年製作の映画)

上映日:2016年12月17日

製作国:

3.2

あらすじ

あと何回、目が合えばきっと―― 出会いは最低だったのにいつの間にか雛の胸は高鳴っていく。雛は中学の先輩・恋雪に惹かれ同じ高校に進学を決意して猛勉強。 幼なじみの虎太朗と桜丘高校に入学する。冴えなかった恋雪は片思いの相手の為に、休み明けにイメチェンしてモテ始める。そんな 状況に雛は「告白」決意するけれど――!?

「好きになるその瞬間を。 告白実行委員会」に投稿された感想・評価

結局恋愛のベタなとこを詰め込んだ用な作品。甘ったるいほど甘い。でもそれくらい振り切ってるのがいい。家が隣で幼馴染のやつが先輩好きになるなよー。
すず

すずの感想・評価

2.0
センパイに好きを伝えたくて

☆*:;;;;;:*☆☆*:;;;;;:*☆☆*:;;;;;:*☆☆*:;;;;;:*☆
HoneyWorks(通称ハニワ)の楽曲のメディア展開。告白実行委員会〜恋愛シリーズ〜第2弾。楽曲「今好きになる。」「三角ジェラシー」を中心に映像化。
第3弾は映画ではなくアニメ化。2017年11月27日から放送開始。
☆*:;;;;;:*☆☆*:;;;;;:*☆☆*:;;;;;:*☆☆*:;;;;;:*☆

前作が甘いなら、こちらは酸っぱい。

出会いは最悪。パンツ見えてるって言われて同い年の男の子と思って怒っちゃったけど、実はセンパイだった。だけど何回か会話するうちに徐々に自分の中で「好き」が芽生えて──。

そのセンパイってのが前作で三角関係だったひ弱な男の子。

今作の主人公の女の子は前作で告白予行演習に付き合ってた男の子の妹。その妹を好きな同い年の男の子は前作で告白予行演習と偽って好きと言えなかった女の子の弟。

と、まぁ前作のメイン組の下の子たちのストーリーになってる。前作とのリンクもあったり、前作のキャラも出てきたりで、[ずっと前から好きでした]の後に観るのがベスト。

妹ちゃんのセンパイへの好きと弟くんのセンパイへのヤキモキ。

弟くんの気持ちに全く気付いてない妹ちゃん。ガンバレ弟~(๑•̀ㅁ•́ฅ✧

センパイへの告白の行く末が、あぁ青春。酸っぱいよー苦いよー(>_< )

エンドロールで弟くんに希望が生まれる。弟くん良かったね(˘͈ ᵕ ˘͈ )


私は甘いのが好きなので前作の方が好み



余談
アマプラに最近追加されたので観てみたけれど、アニメの放送に合わせての配信だったのかなぁ。
KH

KHの感想・評価

1.7

このレビューはネタバレを含みます

今作に出てる大半のキャラが無駄

前作?のずっと前から好きでした。告白実行委員会の続きというか、そこにつながるまでの別の人物を主役にした話。主人公は前作の告白練習バカップルの妹と弟。

なんかやっぱ使命感で見たけど、内容は前作と変わらない、小中学生向けのキュンキュンシーンの連続で成人をとうに迎えた自分にはもうきついです。胃もたれしそうです。
キュンキュンシーンの連続ならばまだ見ていられるのだが15~20分ごとにかかるこっぱずかしい歌詞の歌がこちらの精神力を蝕んでくる。

後、個人的にオチのお互いの兄弟でダブルデートってのが最高に気持ち悪かったです。
そして劇中明らかに素人丸出しみたいな女生徒がいたんでEDを見ていたら乃木坂って書いててなんだか納得しました。
こんなとこまでアイドル家業は手を伸ばしてるんやなぁ。
怖い怖い・・
village123

village123の感想・評価

3.0
2年先輩の綾瀬恋雪に恋した瀬戸口雛は彼と同じ高校に入学した。しかし、仲良くなりたいと思いつつ、なかなか行動に移せない。一方、雛の幼馴染の榎本虎太郎は彼女のことが好きだったが、彼女の気持ちを知っていたので、想いを伝えずにいた。

学生の頃の気恥ずかしさを思い出す要素はあるものの、できすぎてるなと思ってしまった。
憧れの先輩、幼馴染への恋心、仲の良い兄妹など、理想的な要素が揃いすぎている。
見苦しいものがないと現実感に乏しくて、本気に慣れないのが大人だろうか。
みほし

みほしの感想・評価

3.5
アマゾンプライムにあるとは!!
くぁぁぁあっwwwwwwwwとなりながら観ました。。全部の曲iPhoneにいれた。カラオケいきたい。。。
HoneyWorks2作目。前作よりもストーリー展開掴みやすかった!青春っていい。。
NAMERO

NAMEROの感想・評価

2.8
エンドロールの漫画と曲はほぼ同じ内容のものが曲のPVとしてYouTubeで公開されているので、本編視聴前にも見ることができる。
個人的には、本編を見る前と後でその漫画の捉え方が若干違ってくるのが面白かった。
M

Mの感想・評価

3.5
前作のメインカップルの弟妹の視点で描かれている作品。

なるほどなるほど、前作で浅く描かれていたり、エンディング等でニオわされていたいろいろなことが補完され、満足した。

先輩っていいっすよねえ!
なんで学生の頃ってあんなに先輩が輝いて見えるのだろう。
まあでも、そりゃそうか。
30歳と33歳はあまり違わないけれど、15歳と18歳では何もかもが雲泥の差だもんなあ。
僕は高校の頃は陸上部で無駄に足が速かったので、体育祭のリレーの後に知らない後輩の女の子が飲み物をわざわざ渡しに来てくれたことを思い出した。あの子は、いま元気にしているのかな。

ハニワのエンディングと静止画で後日譚が語られるこの感じ僕はなかなか好きです。

これで心置きなく
いつだって僕らの恋は10センチだった
を見始めることができます!
僕がいちばん好きなハルキ、ミオウカップルの話らしいのでありがてえ!
ただ、前作のエンディングで登場人物のその後が描かれていたので、どうなるのか大体予想はつくのが少し残念だけれど。

いや、そんなことはどうだっていいんだ!
いいですかみなさん、殆どの日本のこういった青春系の作品はストーリーは分かりきってるじゃないですか!
僕は何度も言ってますがこの手の作品を見る理由は、空気を吸い込むためです!
青春の匂いを胸いっぱいにするためです!
ぽん

ぽんの感想・評価

2.5
1作目よりはまだ面白いと思った!1作目の主人公よりこっちの主人公のが好き笑
名前を全然覚えてないがあの先輩も可愛い
ササミ

ササミの感想・評価

2.6
前作より良かった
キャラが挿入歌を歌ってる?ようで良かった
この世界人間関係が狭すぎ…