雲のむこう、約束の場所の作品情報・感想・評価

雲のむこう、約束の場所2004年製作の映画)

The Place Promised in Our Early Days

製作国:

上映時間:91分

ジャンル:

3.2

あらすじ

日本が南北に分断された、もう一つの戦後の世界。米軍統治下の青森の少年・藤沢ヒロキと白川タクヤは、同級生の沢渡サユリに憧れていた。彼らの瞳が見つめる先は彼女と、そしてもうひとつ。津軽海峡を走る国境線の向こう側、ユニオン占領下の北海道に建設された、謎の巨大な「塔」。いつか自分たちの力であの「塔」まで飛ぼうと、小型飛行機を組み立てる二人。 だが中学三年の夏、サユリは突然、東京に転校してしまう…。…

日本が南北に分断された、もう一つの戦後の世界。米軍統治下の青森の少年・藤沢ヒロキと白川タクヤは、同級生の沢渡サユリに憧れていた。彼らの瞳が見つめる先は彼女と、そしてもうひとつ。津軽海峡を走る国境線の向こう側、ユニオン占領下の北海道に建設された、謎の巨大な「塔」。いつか自分たちの力であの「塔」まで飛ぼうと、小型飛行機を組み立てる二人。 だが中学三年の夏、サユリは突然、東京に転校してしまう…。言いようのない虚脱感の中で、うやむやのうちに飛行機作りも投げ出され、ヒロキは東京の高校へ、タクヤは青森の高校へとそれぞれ別の道を歩き始める。 三年後、ヒロキは偶然、サユリがあの夏からずっと原因不明の病により、眠り続けたままなのだということを知る。サユリを永遠の眠りから救おうと決意し、タクヤに協力を求めるヒロキ。そして眠り姫の目を覚まそうとする二人の騎士は、思いもかけず「塔」とこの世界の秘密に近づいていくことになる。 「サユリを救うのか、それとも世界を救うのか」 はたして彼らは、いつかの放課後に交わした約束の場所に立つことができるのか…。

「雲のむこう、約束の場所」に投稿された感想・評価

Yuri

Yuriの感想・評価

1.5
新海監督の作品は同じ要素を再編して良くなっていっているところがあるので、彼の作品を順を追って観ていくと「君の名は。」が集大成と言われている理由がわかります。そして、これまでの新海作品を「君の名は。」より先に観ていたとしたら、そんなに目新しさを感じなかったであろうとも思いました。本作は「君の名は。」のベースになっているようなお話で、宮崎駿作品や庵野秀明作品、あと若干、押井作品も感じさせる作りでした。色々影響受けているのがモロにわかるので、とてもよく出来た自主映画みたいな(笑)エヴァの音楽聴こえてくるかと思いましたもん(爆)でも、拓也がただの恋のライバルではなく、物語が3人でしっかり立っているのは良いですね。吉岡さんと萩原さんは中学生を演じるのは無理有り過ぎでしたし、吉岡さんは中学生でなくても良い声というわけではないので、物語を遮断する勢いで邪魔していたので、嫌でしたけど。二人と佐由理役の南里侑香との声の年齢差が激し過ぎて(>_<)あとは、新海さんはすごく新宿とあの田舎町の風景に思い入れがあるか、ロケハンと絵コンテ書くのが嫌いかどちらなんだろう?と思ってしまうくらいいつも同じ風景(笑)こだわりなら良いのですが・・・。テロップ出るのが短すぎて、世界観を理解するのに時間がかかったりするけど、結局、Boy meets Girlなお話で、きっと新海さんは相対性理論とか運命のボタンの掛け違えみたいなのが大好きなんだろうなぁと、色々詰め込んでいるのがよくわかる作品でした。
mikenekos

mikenekosの感想・評価

3.0
ここまでくるとSF要素が強過ぎて難解で感情移入が困難だった。夢のシーンは印象的。
inoccccchi

inoccccchiの感想・評価

3.8
子供には多分難しい、SF含みのアニメ映画。
今でこそ新海誠監督は老若男女向けの映画を作っているものの、2000年代前半だと「アニメにしかできないこと」を演出、脚本に取り入れることを強く意識せざるを得なかったのでは。
難解な分、DVDでは一時停止しながら立ち止まって考える楽しさがあってそうした楽しみ方もいいと思った。
ゆか

ゆかの感想・評価

2.5
新海誠さんの一貫した趣味が感じ取れたかも。他の作品で使われてた要素たちがここにもあった。既視感のある演出がちらほら。

途中からのストーリーの運び方が親切じゃなかったので、ついていくのが大変だった。
でもなんだかんだ最後は理解できて、映像的にも楽しめた。ただ、キャラの描き込みが背景に比べて甘い気がしなくもない。
Uske

Uskeの感想・評価

3.6
ちょっと話が難しい。

しかしながら、音楽も映像(絵?)もすごく綺麗で、吉岡秀隆のゆっくりしたナレーションがとても良かった。

深海ワールド全開
難しいけど不思議で面白かった
>|