ベンジャミン・バトン 数奇な人生の作品情報・感想・評価

ベンジャミン・バトン 数奇な人生2008年製作の映画)

The Curious Case of Benjamin Button

上映日:2009年02月07日

製作国:

上映時間:167分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」に投稿された感想・評価

がっく

がっくの感想・評価

4.1
80歳の状態で生まれ、年を取るごとに若返る人生を与えられた男の一生を描く物語。
設定を見た限りでは数奇な年の取り方にに対して弊害がたくさん起こる話だと思っていたが、意外にも起こる出来事は誰しもが共感できるようなことだった。だからこそ中盤は退屈に感じる人が多いかもしれないがそのギャップこそがこの映画の奇抜さであり引き込まれる部分であると思う。
戦争が背景にあったりハチドリが主人公を導くように描かれていたり、母がいうセリフ、そもそもの構図だったりが明らかにフォレスト・ガンプに寄ってる。多分意図的だろうけど。
フォレスト・ガンプ大好きな僕からしたらそのメッセージを受け取れただけでこの映画を観て良かった。
哀しくも優しい物語。
ありえない設定なのに、自己投影してしまう場面がいくつもあった。
aaa

aaaの感想・評価

3.5
2019/237
5hintaro

5hintaroの感想・評価

3.0
きれいに収まりすぎてグッとこなかった。いい映画なんだけど相性が合わなかった。
あや

あやの感想・評価

4.0
設定は特殊だけど、きっと言いたいのはすごく周りにあふれているようなことなのかな、と思う。
すれ違いを何度も繰り返して、やっと一緒になった二人。でもその時間は短かった。それがわかっているから、幸せそうな光景を見ている時涙が止まらなかった。
一人若返るベンジャミンのように人生は孤独から逃げる事はできないということ、それと同時に、最後まで寄り添ってくれたデイジーのように人は全くの孤独ではないんじゃないか、という反対のこともいえる、もしくはそう信じたくなるような内容だと思った。
あとは一緒に居られる時間が短いからこそその一瞬一瞬が大事なんだということが実感できる。ずっとふつうに年老いていく人生じゃそれを感じることはなかなか無いかもしれないけど、今を大事にしなきゃな、という当たり前のことを思ういい機会になった。
ちゃ

ちゃの感想・評価

-
またみたいこれ
そよ

そよの感想・評価

3.2
数奇な人生て感じ
yabson

yabsonの感想・評価

3.9
すごいものを観た..
はじめは約3時間、長いなと感じていたが気づいたら彼の人生に引き込まれていた..
>|