ベンジャミン・バトン 数奇な人生の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ベンジャミン・バトン 数奇な人生2008年製作の映画)

The Curious Case of Benjamin Button

上映日:2009年02月07日

製作国:

上映時間:167分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」に投稿された感想・評価

「魔法にかかったように君から目が離せなかった」というセリフがとても印象的だった。ブラッドピットが良すぎる。
めちゃくちゃに見応えがあって面白かった。ブラピカッコよすぎる。妙にリアルな感じが良かった。
別の方が、フォレストガンプを思い出すと書かれてたけど、ほんとにテンポ感やストーリーのテイストが似てた。
最後の最後までベンジャミンを愛するデイジーが素敵。デイジーの娘がベンジャミンの日記を読んでいて、別の女性との恋愛話が出てきた時「ここは飛ばす?」と言ったのに対し「いいの、続けて。ベンジャミンを愛してくれる人がいて良かった」と言ってたのが印象的。
sakura

sakuraの感想・評価

3.0
思いの外つまらなかったなぁ
長いし。一生を描くには短いのかもしれないけど。
素敵すぎた。文にまとめる自信が無い。今年一番。

かっこいいブラピみたいから早く若返って~!という気持ちは途中で消えて、ケイト・ブランシェットの曲線美に目が離せなくなった。
おじいちゃんなのにその温和な人柄から良い人達との縁に恵まれ、様々な体験を心地よくみせてくれた。人生に対する姿勢を柔らかく伝えてくれた気がする。

それにしても!
ブラピのおじいちゃん→青年、 ケイト・ブランシェットの10代にしか見えない若々しさ→おばあちゃん、がリアルすぎて本当に本人なのかと疑う。(当時40歳くらい?)特殊メイクだとしても凄すぎる。
2時間半越え!なっげぇ〜

不思議な話

ブラピはやっぱりかっこよかった
ゆっき

ゆっきの感想・評価

4.0
約3時間もあったんですね。
一緒に歳を重ねていけない2人が、どうなるのか気になって夢中で観ました。登場人物が一人一人笑顔で映されるとこと、デイジーが最期にハチドリを見て永遠はあるわよって言ってるような終わり方が良かった。逆回転時計も2人と共に終わりを迎えたんやろね。

めっちゃ似てるおもたらティジー
グリーンブックのドクターやった😁
歳をとるにつれて若返る人生はユニークだった。数多くの名言みたいなものはあったけど、自分にはそれを消化できるほどのストーリーがあったとはあまり思えなかった。
ひびと

ひびとの感想・評価

3.0
若返るってなんかのメタファー?

奇抜な設定を活かしきれていない感が否めない。
mori

moriの感想・評価

-
「お気に入りの椅子に座って
ラジオを聴きながら」