ベンジャミン・バトン 数奇な人生の作品情報・感想・評価

ベンジャミン・バトン 数奇な人生2008年製作の映画)

The Curious Case of Benjamin Button

上映日:2009年02月07日

製作国:

上映時間:167分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」に投稿された感想・評価

有り得ない設定だが違和感なくみれた。この映画を見ると、昔読んだ「小さな小さな王様」を思い出す。成長するとできることも増えるが失うことも多い。
他にはない設定、雰囲気の映画。
大きな話の上下はないですが、そもそもの設定が特異なので必要はなく、雰囲気にあってる作りだと思います。

老人→青年期の高揚、青年期→幼児期の
不安がよく描かれており、特異な設定にもかかわらず、感情移入はしやすいです。

生まれ持った運命を、人生の選択により変わる運命と置き換えたのは素晴らしい考え方だと思います。

後一回の雷の話も聞きたかった
yuki

yukiの感想・評価

3.5
記録。
satoshi

satoshiの感想・評価

4.0
人は一人では生きていない。誰かを支え、また誰かに支えられながら生きていることを学んだ。
昔見てみて、あんまり面白くなかった。
またこの年になって改めて見ると感じ方が変わるのかもしれない。
はるか

はるかの感想・評価

4.7
切ない。
あまりにも切ない。

デヴィッド・フィンチャー素晴らしい!
ブラピ素晴らしい!
特殊メイク素晴らしい!
『ドリーム』の夫婦がこの映画でも夫婦役!
shiori

shioriの感想・評価

3.5
切ない
たく

たくの感想・評価

3.5
散りばめられた教訓ストーリーのような、、
わかりやすいとこもあれば、わかりにくいとこも。
雷の話が6回しか出てこないとことか、「あれはこういう意味なんだ」って聞かないと分からんこと多め。

ティルダとケイトに恋するってとこが、なんとなくジャンルが同じ感じで良いなって思いました。

ハチドリがとても特徴的で、8を横にしたinfinity,無限∞になるっていうわかりやすいお話。
船長が亡くなったシーンに出てくる。そして最後のある人が亡くなった時にも。。
亡くなることで永遠になるっていうメタファーとして解釈。。でもそれだけだと分かり易すぎて、んー??ってなるな。。

とりあえず、ずっと見続けるにはちょっとしんどいかもしれない映画。
特殊メイクとCGがやっぱりすごいです。
>|