ベンジャミン・バトン 数奇な人生の作品情報・感想・評価・動画配信

ベンジャミン・バトン 数奇な人生2008年製作の映画)

The Curious Case of Benjamin Button

上映日:2009年02月07日

製作国:

上映時間:167分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」に投稿された感想・評価

あんこ

あんこの感想・評価

4.0
言葉が響く!泣いた!
観終わったあといろいろと考えてしまう
最初から最後までずっとずっと苦しかった。
「人生は素晴らしい」「人を愛せずにはいられない」「人を愛することの大切さ」
そんなことをこの映画で語っていいのだろうかと疑問に思う。
自分だったらどんな選択をして生きるのだろうか、愛とか好きとか何なんだろう、、、とずっと考えながら視聴していた。
登場人物が皆人間味が溢れていて好印象だった。
人の弱さと強さ、どちらも描かれていたと思う。
構想は緻密で、年老いた姿で生まれ、見た目が若返りながら死へと向かうその過程はとても納得でき、なるほどなあと思わせられた。
構成は1人の人物の一生を伝え聞かされるようなシンプルなものであったが、合間に挟まれる病院での2人の女性の会話によっておもしろさが深まっていた。
見て良かったなと思える映画だった。
むちゃくちゃ評価つけづらい、、、
前半は退屈な前置きゾーン、
後半は怒涛のエモが襲ってくる映画。

ハッピーエンドではないがバッドエンドでもない。多分ちゃんとした名前があるんだろうけど、、、

やっぱりカメラワークがいい。フィンチャーとブラピのコラボは最高。
とにかく中半戦から後半戦のブラピがカッコ良すぎる。エグい。
その顔とスタイルとオーラでバイク乗ったらアカンて。ケイトブランシェットも最高。

キャラクターが全員いいやつ。

ただ、CGが気になるシーンが多かったかな。仕方ないけど
ゆっき

ゆっきの感想・評価

3.7
2020年 100作目

若返る男と年老いていく女
当たり前のことなんやけど、大切な人と同じように歳をとっていくのって幸せやねんな
子供が生まれた後の選択がすごい悲しい
Alisa

Alisaの感想・評価

4.5
過去記録
哀しくて美しい最高のストーリー

このレビューはネタバレを含みます

原作の書籍がヒットしたみたいだが、この物語は確かに映画ではなく本で読んだ方が面白いかも。


映像だとちょっとやはり無理があるような…
話はとても面白いと思う。
めいり

めいりの感想・評価

2.9
永遠なんてないんだね

永遠はあるよ


って交わすシーンがすき
年齢と共に考え方も身体も変わっていく2人
同じ時を重ねることのできない切なさ
>|