ベンジャミン・バトン 数奇な人生の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ベンジャミン・バトン 数奇な人生2008年製作の映画)

The Curious Case of Benjamin Button

上映日:2009年02月07日

製作国:

上映時間:167分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」に投稿された感想・評価

yuriko

yurikoの感想・評価

5.0
フィッツジェラルドの原作とはだいぶ違ったけどこの映画の完成度が素晴らしかった。一見悲しくみえるけど、ベンジャミンとデイジーは最後までお互いあんなに気にかけあってそれはすごく幸せなことだと思う、とか色々考えた

このレビューはネタバレを含みます

ただ「良い映画」という言葉だけで終わらせたくない

ベンジャミンの人生は外見が若返っていくだけで
ほかは普通の人達と何ら変わらない

映画自体、ベンジャミンが産まれてから青年期までがすごく長くて、ラストに向かっていくにつれて加速して行った気がする
それも人生と同じで、幼い頃は時間の流れがゆっくりに感じていたのに、歳を重ねるにつれ時間を早く感じる
ただの1人の人生を普通に描いただけなのに
老いて生まれ赤ん坊で死に行くという設定があるだけでこんなにもメッセージがはっきり見えて率直に伝わるのかと感動した


伏線の使い方がすごく上手いと思った!
デヴィッド・フィンチャーさすがだしどうした?って感じだけど好きな映画だった!!
一番茶

一番茶の感想・評価

4.2
放映当時はあまり評価が高くなく、周りの反応もイマイチだった。
私にはその理由がわからないくらい、大好きな作品です。
なんといっても、ブラピの特殊メイクの凄さに圧巻された。

数奇な人生。こんな人生はあるわけがないのに、底無しのロマンチックを感じた。
カンタ

カンタの感想・評価

4.0
めっちゃ面白かった!!
3時間もなんのその。
けど若返るのが、めっちゃ早いときと全然変わらへん時とあってちょっとモヤモヤしたかも。
老いてく者と若返る者のストーリー。
デヴィッドフィンチャーだから最後なにかあるのか期待してしまったw
ヨッチ

ヨッチの感想・評価

4.0
正に数奇な人生。

年老いた姿で産まれたベンジャミンはどんどん若返っていき、好きな人と一緒になれても、相手は年老いていく。一緒に歳を重ねていくという幸せが叶わない2人を見るのは辛い。

それでも最後は、はたから見たらお婆ちゃんと孫でも、少しでもまた幸せな時間を過ごせたのであれば、ハッピーエンドなのではないかと感じた。
どういうメイクしたらあんなことになるん
それかブラッドピッドが若返ってんか?
「ネタバレスタートで3時間も大丈夫か?」と思って観ましたが無事に観れました。

しかしながら本や映画を読んだり観たりする時「最終的にどう決着を付ける気だ?」と考えてしまうイヤな癖がある私にとって観るのに勇気が必要だった事は確か。

ブラッド・ピットの幼少期を演じてる誰だかワカラン俳優も良かったし、ヒロインの、ケイト・ブランシェットが最高に美しかったので良しとします。

やはり時間は、有限で、平等なんです。
数奇な運命。
2人の年齢が交差するちょうど良い時間は限られていて、何か尊さを感じた。
最後は泣ける。
anya

anyaの感想・評価

4.2
終盤めちゃくちゃ泣ける名作。デイジーの幼少期がエルファニングだった。映像も脚本も素晴らしいけどちょっと長い。