ewe

黒い十人の女のeweのレビュー・感想・評価

黒い十人の女(1961年製作の映画)
3.4
||BS|| 美しい女優、光と影で描く画面。
オープニングやビジュアルデザインは年代に関係無く普遍的なセンスの良さがある。これ、映画好きな人が考察しようと思えば色々見所あるのではないかなあ。私が一言で言うと"面白い"で終わるんですけど…。

昔の女性の美しい言葉遣いとはすっぱな言葉遣いが交錯する。結局自分が一番好きな男から、仕事を奪ってやるのは去勢するより爽快だな(笑)
ちょっと、昭和の名作に興味が出た一作でした。