愛と追憶の日々の作品情報・感想・評価

「愛と追憶の日々」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.4
「愛と追憶の日々」
原題「Terms of Endearment」
1984/2/25公開 アメリカ作品 2018-032
アカデミー賞作品賞再鑑賞シリーズ
1984年第56回 アカデミー賞作品賞

邦題よりも原題の「愛することの限りある日々(期間)」という意味あいの方が内容からはしっくりしますね。私はこの親娘の絆を軸とした大人の恋愛作品が大好きです。何度観ても涙が出て、でも暖かい気持ちになれる素敵な作品です。
30数年前の作品ですが、何度観ても全く色褪せません。親娘の絆がこの作品の軸となり、心温まるヒューマンドラマとなっていおり、それだけではなく、注目するところは名優ジャック・ニコルソンの演技が素晴らしいです。だらしのない飲んだっくれの元宇宙飛行士の役の素晴らしい演技を観せてくれます。こんな味はニコルソンならではですね。
また、老いることが嫌で常に若くいたいと思う母親をシャーリー・マクレーンが見事に演じています。久しぶりの恋愛でときめいている輝いた女性と、娘の看護で疲れた母親の両面を見事に演じています。
限られた時間で二人の親娘の愛情、親娘それぞれの大人の恋愛、そして娘の子供達の愛情、愛情に溢れた人生を温かく描いた名作です!!

ラリー・マクマートリーの同名小説を原作としてジェームズ・L・ブルックスが監督、製作、脚色を担当したドラマ。出演はデブラ・ウィンガー、シャーリー・マクレーン、ジャック・ニコルソン、ジェフ・ダニエルズなど。この映画は同年のアカデミー賞各部門の数々にノミネートされ、シャーリー・マクレーンが主演女優賞を獲得している。(共演のデブラ・ウィンガーはノミネート)
佳子

佳子の感想・評価

3.9
TSUTAYAみんなが愛してやまない365本
156本目
登場人物みんなが、いい面とわるい面とを併せ持ってて人間臭い。
シャーリーマクレーンが、10時よ!注射を打って!!とナースステーションで叫ぶシーンが鮮烈だった。病室で息子達と話すシーンでは、泣いてしまった。テディ役の子可愛い。あの泣き顔は反則。
シゲ

シゲの感想・評価

3.7
昔ヤンチャだった、ヤンママに観てほしい
なんか感情移入しづらいところや、普通のドラマなんだけどなぜか食い入る様に鑑賞してしまった。時間経路の進み方など見易くて、単純なドラマのようだけど奥が深い。この後のバブル時のヒューマンドラマなどにも大きな影響を与えたと思う。人間関係の繋がりはけっこういいシナリオだったと思う。いろんな登場人物が出て各自浮気しまくりだけど(笑)、でも旦那さん、見るに胡散臭そうな面していてもお堅い学校の先生をずっとしている人だから今の基準だとむしろ勝ち組の奥様。でも当時はチンケな職業に見られていたのか。この辺は時代を感じる。
タイトルは違えど続編もあるらしく、機会があればそちらものぞいてみたい。
ダイナ

ダイナの感想・評価

3.5
ストレートに胸に突き刺さる
家族愛がテーマの映画。

シャーリー・マクレーンと
ジャック・ニコルソンの
演技が光ってたなぁ。
2人のやりとりが好き。
掛け合いのセリフが
演技のようで演技じゃなかった。

子どもたちも上手すぎて…
次男の涙なに?あれなに?
もらい泣きしちゃうじゃん。
お兄ちゃんも思春期な
感じの演技上手だった。

ストーリーはちょっと長いなぁと
感じるところはあったけど
それぞれの気持ちを丁寧に
表現された素敵な映画だった。
omame

omameの感想・評価

-
2018/08/30
暗い話のはずなんだけど、音楽が明るい雰囲気なので、あまり陰鬱な雰囲気にならずにすむ。監督は、愛という希望を心の底から信じているんだろうなということが、よくわかる映画だった。
それと、デブラウィンガー演じる女性が、明るくて良かった。彼女のおかげで、だいぶ雰囲気が明るくなった。
ふとしたときに観たくなる映画だと思う。
chi24

chi24の感想・評価

2.6
評論的な文章を読んでからの鑑賞…幼くてよかった。いや、よくないか。長男は赦すって言われちゃった感。弟・妹は…記憶あるかな?赦しを感じたかな?先に逝くのが親不孝
えみ

えみの感想・評価

4.0
次男(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
>|