愛と追憶の日々の作品情報・感想・評価

「愛と追憶の日々」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.4
「愛と追憶の日々」
原題「Terms of Endearment」
1984/2/25公開 アメリカ作品 2018-032
アカデミー賞作品賞再鑑賞シリーズ
1984年第56回 アカデミー賞作品賞

邦題よりも原題の「愛することの限りある日々(期間)」という意味あいの方が内容からはしっくりしますね。私はこの親娘の絆を軸とした大人の恋愛作品が大好きです。何度観ても涙が出て、でも暖かい気持ちになれる素敵な作品です。
30数年前の作品ですが、何度観ても全く色褪せません。親娘の絆がこの作品の軸となり、心温まるヒューマンドラマとなっていおり、それだけではなく、注目するところは名優ジャック・ニコルソンの演技が素晴らしいです。だらしのない飲んだっくれの元宇宙飛行士の役の素晴らしい演技を観せてくれます。こんな味はニコルソンならではですね。
また、老いることが嫌で常に若くいたいと思う母親をシャーリー・マクレーンが見事に演じています。久しぶりの恋愛でときめいている輝いた女性と、娘の看護で疲れた母親の両面を見事に演じています。
限られた時間で二人の親娘の愛情、親娘それぞれの大人の恋愛、そして娘の子供達の愛情、愛情に溢れた人生を温かく描いた名作です!!

ラリー・マクマートリーの同名小説を原作としてジェームズ・L・ブルックスが監督、製作、脚色を担当したドラマ。出演はデブラ・ウィンガー、シャーリー・マクレーン、ジャック・ニコルソン、ジェフ・ダニエルズなど。この映画は同年のアカデミー賞各部門の数々にノミネートされ、シャーリー・マクレーンが主演女優賞を獲得している。(共演のデブラ・ウィンガーはノミネート)
Fieldpan

Fieldpanの感想・評価

3.0
・18/12/05:WOWOW【初鑑賞】
Yuzu

Yuzuの感想・評価

3.6
最初はあまり感情移入出来なかったけど、途中から自分の母娘関係となんだか被ってきて感動した、、。
yoshis

yoshisの感想・評価

2.8
場面が切り替わると子どもがうまれてたり、その子どもが大きくなったり、展開が早過ぎ。最後は病気になって…よくありがちな展開。不倫してる夫を責めといて、自分も不倫してるのはどうなのって感じ。ジャックニコルソンは出番少ないけど、いい味出してる。さすが
ジャック・ニコルソンが良き。
岡本聡

岡本聡の感想・評価

3.8
ジャック・ニコルソンの宇宙飛行士役が渋い
miyu

miyuの感想・評価

3.8
友達の様な親子で、いつも電話で長話。。。

シャーリーちゃんの フリフリの
洋服はちょっと びっくり…
でも シャーリーちゃんが
ホントに良かった。。。

ウチも娘が二人の為…
娘が病気になってからの
シャーリーちゃんには メチャ 感情移入…

話がそれます。。。
長くなります…
昨年は、次女が 子宮嚢腫になり、産婦人科の血液検査で、腫瘍マーカーの数値が高い…って 言われただけで 暗く落ち込んでしまいました。。。
結果 両方の子宮に嚢腫ができていたが、それをとってもらう手術を京大でして、今は元気なんです。。。
そして、この夏には、結婚をして幸せにしています。。。

そして、今年の9月はじめに、次女より1歳年上の長女が子宮頚がんの検査にひっかかった。
メチャ 落ち込み、すぐに 京大へはしりました!!!
1ヶ月ぐらいいろんな検査をして…
最終、異形成のAランクで、それが無くなる事もあるらしいので経過観察になり、ホッ…💨💨💨

娘が 検査を始めて、直ぐに、ワタシは左脇がピリピリビリビリ痛くなり
洋服が触れるだけで痛くてたまらなくなったんです。。。
キツイTシャツを着ていて
脱いだら、両脇が痛くなったわけなんです。。。
右は直ぐに治ったが、左脇が痛くてたまらなくて…💨

ワタシは、三件ぐらい病院へ行き、
治らず、10月14日に着物を着なければならない為、最終 ペインクリニックへ行った。。。
注射したり…神経の薬もらったり…

着物は脇があいているため
案外 大丈夫で
1ケ月以上たち
神経の薬が効いたのか
日にちクスリやったのか
やっと最近、痛みがおさまってきたわけなんです…

そのとき、思った…
自分に痛みがある事で、娘の事ばかり考えないように 救ってもらっていたのかもしれない…って

本作
シャーリーちゃんの母が
孫を叩いて
「お母さんを悪く言うんじゃない!」
とか…
「早く、痛み止めの注射を打って!」
って 看護師さんに 大騒ぎして言う場面は涙が止まらなかった。。。

ワタシが 5年前に 頚椎ヘルニアで
起き上がれなくなり
最終 レーザー手術をしたんですが
その時 寝たきりになったワタシを見て
母が
「なんで直ぐにお母さんに言わないの!
こんな姿になって…」
って 母がワタシに必死になっていた事を思い出した。。。
かなり高額のレーザー手術代を母は
惜しげもなく出してくれた💧

母とワタシ…
ワタシと娘…

自分の経験や思いとリンクする映画である事に間違えありません。。。
Yumi

Yumiの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

母娘の関係をテーマにしている映画。でも親子じゃなくて母娘なのがポイントで、女として共感したり、嫌だったりするみたいなところが母娘だとこう出るみたいなのをうまく描いていると思った。娘も母親を離れて同じように母親になっていくのもわかって、女性の強さや気高さ優しさを観れる映画。最後の“I know you love me.”の意味がわかったとき、この映画の温かさを知った。
>|